コンタクト 科学ゾーン 読書ゾーン 実話ゾーン ホームページ
時間旅行TV&映画ゾーン→過去にさかのぼって恐竜を見学

このページでは、過去にタイムトラベルして恐竜を見学したり、恐竜が現代社会に現れたりする映画やTVドラマを特集しています。

時間SF恐竜ものの小説については、読書ゾーンに専用のページを設けてあります。ここをクリックしてください。


■スランバー山の幽霊(1918アメリカ)

史上初のタイムトラベル映画

探検家のジャックおじさんが魔法の望遠鏡で何百万年も前の世界をのぞき見て、恐竜の決闘を見学する。

有名なサイレント映画『キングコング』(1939)の視覚効果を担当したウィリス・オブライエンが作った16〜19分の短編サイレント映画。オブライエン氏は映画の中で世捨て人の幽霊の役を演じています。恐竜の動きはストップ・モーション・アニメーションで表現しました。ティラノサウルスが他の恐竜を食べるシーンがハイライトです。


■前世紀探検(1955チェコスロバキア)

子供たちが時間の川をのぼり、恐竜に遭遇

子供たちが小舟に乗って「時間の川」をのぼりながら、ステゴザウルス、プロントザウルス、マンモスといった恐竜に遭遇する幻想的な物語。川を先に進めば進むほど時間も逆行していき、最後には生命が誕生する様を目撃します。CGのなかった時代に作られた恐竜の特殊映像は驚くほどよくできていて、感嘆!

幻想の魔術師カレル・ゼマン 前世紀探検 [DVD]


■33号機の漂流/トワイライト・ゾーン(1961アメリカ)

旅客機がタイムスリップして原始時代に!

ロンドンからニューヨークに向かう旅客機グローバル33便が追い風を受け、飛行速度が時速3000ノットを超え、無線連絡が途絶えた。パイロットが飛行高度を下げたら、窓外にマンハッタン島が見えた。だが、そこに摩天楼はなかった。何とそこには恐竜がいたのだ! 彼らは時間をさかのぼって、原始時代にタイムスリップしてしまったのだ。果して彼らは自分の時代に戻ることができるだろうか?

トワイライト・ゾーン』は60年代に放送され、いまだに高く評価されている、SF/ホラー/ファンタジー系のアンソロジー・シリーズ。このエピソードのように、タイムトラベルを扱った話も少なくありません。

Twilight Zone: Season 2 [Blu-ray] [Import]


■マックとヘックの原始旅行(1966-67アメリカ)

二人の宇宙飛行士が原始時代にタイムスリップ

二人のアメリカの宇宙飛行士、マックとヘックが宇宙船で飛行中、タイムスリップして、恐竜がのし歩く原始時代に到着! 原始人に宇宙船を壊されてしまったので、二人はこの時代で暮らさざるを得なくなります。

TVシリーズ『ギリガン君SOS』のシャーウッド・シュワルツがプロデュースした60年代のコメディシリーズ。当時アメリカのCBSネットワークで放映されました。日本でも放送されたようですが、あいにく詳細は不明です。


■スパイと怪獣/タイム・トンネル(1967 アメリカ)

60年代の人気ドラマ『タイムトンネル』の中の1話

破壊工作者がタイムトンネルのコントロール室に忍びこみ、核爆弾を仕掛けて、タイムトンネルに飛び込んで時の彼方に脱走したので、トニーとダグの二人は紀元100万年の未来にタイムトラベルし、そこでニモンを見つけるが、またしても逃げられ、今度は恐竜がのし歩く紀元前100万年の太古世界へ!

恐竜の映像については、本物の爬虫類にひれをつけるなどして「お化粧」することで実現しました。

Time Tunnel 1 V.2 [DVD] [Import]


■恐竜の侵入/ドクター・フー(1974 イギリス)

20世紀のロンドンに恐竜が出現!

ドクターとサラが現代のイギリスに戻ってくると、ロンドンには人けがまったくなかった。人の代わりに恐竜がのし歩いていた! なぜこのような事態になったのだろうか? 実は、妙な思想に取り付かれた政治家と科学者のグループが「現代社会にはびこっている悪を正すため」という名目で、地球を先史時代まで戻し、一から出直そうとしていたのだ! 恐竜の出現は時間を戻す実験の副作用であった……。

三代目ドクター、ジョン・パートウィーの時代に作られたエピソードです。

Doctor Who: Invasion of the Dinosaurs [DVD] [Import]


■ランド・オブ・ザ・ロスト(1974-77アメリカ)

70年代にアメリカで人気を博した子供向けシリーズ

森林警備員で男やもめのリック・マーシャルは、彼の二人の子供、ウィルとホリーを連れ、ゴムボートで川くだりを楽しんでいた。そこで大地震が起こり、三人は滝に落ちてしまう。その際、地震のせいでタイムポータルが開いてしまい、一家は異次元の世界に行ってしまう。そこは恐竜と、類人猿と、爬虫類系のヒューマノイドが住む太古の世界だった!

70年代のアメリカで土曜日の朝に放送され、子供たちの間で人気を博したシリーズです。

Land of the Lost: Complete Series [DVD] [Import]


■デンジャー・マウス(1981-92イギリス)

イギリスの人気アニメシリーズ

史上最強の秘密諜報ネズミであるデンジャー・マウスが、相棒のペンフォールドを従えて、数々の悪から世界を守ります。

『1億5千万年前の迷子』(1983年4月11日放送)で、相棒ペンフォールドは、ヴォン・スクアケンクラック教授の発明したタイムマシンで1億5千万年前にタイムスリップしてしまいます。彼を救出すべく、デンジャー・マウスは中生代に向かいます。

Danger Mouse: Complete Seasons 1-6 [DVD] [Import]


■サウンド・オブ・サンダー/レイ・ブラッドベリ劇場(1989アメリカ)

ブラッドベリの短編小説をTVドラマ化

原始時代に恐竜狩りに出かけた男がうっかり蝶を踏みつけてしまいます。そんな単純な行為が将棋倒し的に変化を誘発、自分の時代に帰ってきた時、社会は変わり果てていました……。

「バタフライ・エフェクト」という言葉を生みだした、アメリカのSFファンタジー作家、レイ・ブラッドベリの短編小説『サウンド・オブ・サンダー』をTVドラマ化。

The Ray Bradbury Theater: The Complete Series


■新ランド・オブ・ザ・ロスト(1991アメリカ)

70年代の同名のシリーズをリメイク

ポーター一家は父親のトム、息子のケビン、そして娘のアニーからなる。母親とはずいぶん前に死に別れた。3人は自家用車で家族旅行に出かけたのだが、その途中で地面が割れ、一家は時の扉を通って、先史時代のパラレル・ユニバースに行ってしまう。そこでは獰猛な恐竜が歩き回っていた……。

70年代の人気シリーズ『ランド・オブ・ザ・ロスト』を90年代にリメイクしたもの。当時はまだCGが使われていなかったものの、特殊効果の技術は70年代よりも向上し、恐竜はよりリアルになりました。


■バック・トゥ・ザ・フューチャー:TVシリーズ(1991アメリカ)

同名の映画をTVアニメ化

大ヒットした映画『バック・トゥ・ザ・フューチャー』3部作の続編として作られたTVシリーズ。アニメーションが主体ですが、ドク役のクリストファー・ロイドが狂言回し役として実写で出演しました。

第3話『過去に発進』のあらすじ
ある日のこと、ドクは「分子組み換え装置」を発明するが、その場で試用するのは危険すぎるので、白亜紀にタイムトラベルし、そこで試用することにする。ところが、原始時代に着いたら、隕石群が地球めがけて突進してくる最中だった。そこでドクは「分子組み換え装置」で隕石を細かに分解し、地球は隕石による破壊を免れた。

ところが、現代に戻ってきたら、風景があまり変わっていない。そこは知能の発達した恐竜たちが支配する世界で、人間の姿は見られなかった。ドクが隕石の衝突を阻止したので、恐竜が絶滅せず、そのまま進化したのだ。そこでドクは再び白亜紀に向かい、「分子組み換え装置」で分解された隕石を元に戻し、元のタイムラインに戻したのだった。


■ザ・シンプソンズ(1987〜アメリカ)

過去に手を出すたびに「バタフライ・エフェクト」が!

長寿アニメシリーズ『ザ・シンプソンズ』シーズン6第6話(1994年10月30日放送)で、ホーマーは壊れたトースターを直そうとするのですが、なぜかそれがタイムマシンと化してしまい、彼は恐竜時代の地球にタイムスリップしてしまいます。彼はそこで図らずも過去を変えてしまったので、自分の時代に戻ってきたら、「バタフライ・エフェクト」により、恐ろしい状況になっていました。それを直そうとして、彼は再び恐竜の時代に向かいますが、タイムラインを元に戻そうとする彼の努力は裏目に出るばかり。状況はどんどん悪化していきます。

ザ・シンプソンズ シーズン6 DVDコレクターズBOX


■サウンド・オブ・サンダー(2005アメリカ)

レイ・ブラッドベリの短編小説を映画化

2055年、タイムトラベルが実用化され、「タイム・サファリ」というツアーが催行されるようになった。大金を積めば、太古の世界にタイムトラベルして恐竜を撃てるようになったのだ。ところが、ツアー参加者が原始時代の地球で一匹の蝶を踏みつけてしまったばっかりに、地球の歴史は大きく塗り替えられることに。

撮影中、制作会社が倒産したので、映画を仕上げるお金がなく、2003年公開予定だったのが2005年に延ばされたという、いわくつきの作品。確かに映像にはアラが見られるが、個人的には十分に面白いと思います。

サウンド・オブ・サンダー [DVD]


■プレヒストリック・パーク(2006イギリス)

タイムポータルを通って恐竜時代に!

イギリス人動物学者のナイジェル・マーヴェンがタイム・ポータル(時の扉)を通って先史時代にタイムトラベルし、恐竜を現代に連れ帰り、プレヒストリック・パーク(先史時代公園)で育てて絶滅の危機から救うという、6話から成るドキュドラマ(ドキュメンタリーとドラマの合体)。完成までに2年が費やされたという大作です。

プレヒストリック・パーク [DVD]


■映画ドラえもん のび太の恐竜 2006(2006日本)

一億年の時を超え、めざすは白亜紀の日本!

恐竜の卵らしきものを見つけたのび太。孵化させたら、白亜紀の日本に生息していたフタバスズキリュウが現れた! のび太はピー助と名づけ、育て始めるが、恐竜はどんどん成長し、町中が大騒ぎになったので、タイムマシンに乗りこんで、白亜紀の故郷に戻すことにするが……。

白亜紀の風景が非常に美しい。ドラえもんとのび太たちが竹コプターでアメリカから日本に飛行する場面では、眼下にダイナミックな太古の地球の風景が展開し、ちょっとした飛行気分を楽しめます。

映画ドラえもん のび太の恐竜 2006 [DVD]


■プライミーバル恐竜復活(2007イギリス)

時間の亀裂から恐竜が侵入!

現代のイギリスでワームホールが次々に出現、そこから太古の恐竜が侵入してきたので、英政府は特別チームを編成し、事に当たることに。

イギリスの民放局ITVとケーブル・チャンネルでシリーズ5まで放送されたものの、残念ながら、その後、更新の話はまったく上っていません。打ち切りが正式に発表されたわけではありませんが、望みは断たれたと見て間違いないでしょう。でも、悪いニュースばかりではありません。現在、カナダのスペース・チャンネルが、イギリスの制作会社と協力して、スピンオフシリーズ『プライミーバル:ニューワールド』を撮影中です。また、映画化の話も進められているようです。

プライミーバル 恐竜復活 シーズン1 DVD-BOX


■マーシャル博士の恐竜ランド(2009アメリカ)

TVシリーズを映画化

上記のTVシリーズ『ランド・オブ・ザ・ロスト』を映画化。TVシリーズは子供を主人公にした子供向けの番組でしたが、映画版はなぜかウィル・フェレルを初めとする大人3人を主人公にした若者向けの作品に。内容もキワどい大人向けのジョークが多く、TVシリーズのファンや、健全な内容を期待していた家族から不評を買い、評論家にも叩かれて、不発に終わりました。

マーシャル博士の恐竜ランド [DVD]


■Terra Nova 〜未来創世記(2011アメリカ)

無念にも1シーズンで絶滅してしまった大作シリーズ

2149年、人口過剰と環境汚染により絶滅の危機にひんした人類は8500万年前の地球に選ばれた人々を送り、そこに植民地を築いて、一から出直すことに。ところが、腹黒い悪者たちが陰謀を企んで……。

2011年にアメリカのフォックス・ネットワークで、鳴り物入りで幕を開けたものの、テレビ局が望んでいたような大ヒットには至らず、1シーズンで打ち切られてしまいました。残念!

TERRA NOVA/テラノバ [DVD]


■プライミーバル:ニューワールド(2012カナダ・イギリス)

カナダ版『プライミーバル恐竜復活』

北アメリカにワームホールが出現、そこから古代や未来の生き物が侵入してきたので、天才的な起業家エバン・クロス(ニール・マッター)に率いられる動物の専門家と科学者で構成されたチームが編成され、調査を開始する。

上記の『プライミーバル恐竜復活』のスピンオフシリーズ。カナダにおけるSFファンタジー専門チャンネル「スペース」が、シーズン1として、全13話を制作しました。