TVシリーズ『12モンキーズ』シーズン3の制作が決定

2016年7月7日

TVシリーズ『12モンキーズ』を制作・放送しているアメリカのケーブルチャンネル SyFy(サイファイ)がシーズン3の制作を公式に確認しました。

現在、アメリカでは『12モンキーズ』シーズン2が放映中ですが、7月18日にシーズン2の最終話(第13話)が放送されます。シーズン3では、エピソードの数がシーズン1・2よりも若干少なくなり、13話から10話に減らされます。共同創案者のテリー・マタラスが引き続き制作総指揮を行います。

『12モンキーズ』は同名の映画(1995年)をテレビシリーズ化した作品で、タイムトラベラーのジェームズ・コール(アーロン・スタフォード)が、世界滅亡後の未来から様々な過去の時代にジャンプし、人類の大半を死に追いやったウイルスを撲滅すべく奮闘する姿を描きます。

NBCユニバーサルケーブルの部長であるクリス・マカンバーは次のようにコメントしています。

「2シーズンの間に『12モンキーズ』はカルト的な人気を集めるシリーズになりました。(制作総指揮者の)テリーと、キャストと、スタッフは、時間の制約を受けない豊かな世界に生命を吹き込みました。この世界では多次元を股にかけた登場人物たちが世界を滅亡から救おうとしますが、それは非常に個人的で、とても共感を持てる目標です。我が社はスマートで手に汗握る娯楽番組を視聴者にお届けしたいと思っていますが、『12モンキーズ』はそんな期待に応えてくれるくれるシリーズです。」

『12モンキーズ』シーズン2の視聴率は残念ながら低迷し、放映時に番組を見た人の数は平均393,000人にとどまりました。番組を録画し、7日以内に視聴した人を加えた平均視聴者数は70万〜75万人でした。視聴率が伸び悩んだにもかかわらず、シーズン3の制作を決定したサイファイに感謝します。

12モンキーズ DVD-BOX

web拍手 by FC2

comments powered by Disqus