『エージェント・オブ・シールド』シーズン4の制作が決定

2016年3月8日

アメリカのTVシリーズ『エージェント・オブ・シールド』は現在シーズン3がアメリカで放送中ですが、この番組を制作・放映しているABCネットワークは、シーズン4を制作することを正式に発表しました。

『エージェント・オブ・シールド』は「マーベル・シネマチック・ユニバース」の一環として始まった「スパイファイ(スパイものとSFが合体した物語)」シリーズで、映画『アベンジャーズ』や『キャプテン・アメリカ』などのマーベル映画と世界を共有し、物語が連携しているという意味で画期的なTVシリーズです。

特にシーズン1第17話は映画『キャプテン・アメリカ/ウィンター・ソルジャー』とストーリーが密接につながっており、アメリカでは映画の公開日に合わせてこの話が放送され、話題を集めました。

シーズン2に入ってからは、インヒューマン(マーベルコミックに登場する超人的なパワーを持った人種)が登場するようになり、本格的なスーパーヒーローモードに突入しました。シーズン3では、時空を超えて未知の惑星を訪れるなど、エキサイティングな展開になっています。

2019年にはインヒューマンをテーマにしたマーベル映画が公開されるので、それまで『エージェント・オブ・シールド』が続くことを願っています。

エージェント・オブ・シールド シーズン2 COMPLETE BOX [Blu-ray]

無料アクセス解析

一方、『エージェント・オブ・シールド』のスピンオフシリーズである『エージェント・カーター』は、シーズン2の放送がアメリカで終了したばかりですが、シーズン3の制作は発表されていません。

折しも主演のヘイリー・アトウェルがABCネットワーク制作の別のドラマのパイロット(新番組の見本)で主役を演じることが明らかになったので、ファンは『エージェント・カーター』の打ち切りを危惧しています。

『エージェント・カーター』は、映画『キャプテン・アメリカ/ザ・ファースト・アベンジャー』に登場した、スティーブ・ロジャーズ(キャプテン・アメリカ)の初恋の女性・ペギー・カーター(アトウェル)を主人公にしたスパイファイです。

ノスタルジックな40年代のアメリカが舞台になっており、ファッション・髪型・車など、精巧に再現された当時の風俗が目を楽しませてくれます。スリル・サスペンス・アクションの点で『エージェント・オブ・シールド』に引けを取りませんが、茶目っ気もたっぷりで、お笑いがふんだんに盛り込まれた娯楽大作です。というわけで、『エージェント・カーター』シーズン3の制作が決まることを切に願っています。

エージェント・カーター シーズン1 COMPLETE Blu-ray

web拍手 by FC2

comments powered by Disqus