タイムループ映画『オール・ユー・ニード・イズ・キル』の続編が制作

2016年4月10日

映画『オール・ユー・ニード・イズ・キル』(2014)の続編が制作されることになりました。

『オール・ユー・ニード・イズ・キル』は日本の作家・桜坂 洋著の『All You Need Is Kill』を映画化したもので、地球に侵攻してきたエイリアンと戦うビル・ケージ中佐(トム・クルーズ)が、タイムループに捕らわれ、戦闘の最終日を何度も繰り返すというストーリーです。

デッドラインの報道によると、映画『フランキー&アリス』(2010年に公開された多重人格症に関するハル・ベリー主演のアメリカ映画)や映画『レース』(2016)の脚本家であるジョー・シュラプネルアナ・ウォーターハウスが続編の脚本を執筆するとのことです。

以前の報道によると、『オール・ユー・ニード・イズ・キル』の脚本を担当したクリストファー・マクアーリが続編を監督するとのことでしたが、マクアーリ氏自身がツイッターでこの噂を否定、第一作の監督であるダグ・リーマンが引き続き続編を監督することが確認されました。マクアーリ氏はプロデューサーとして、この企画にかかわる方向で話し合いが進められています。

続編の制作はうれしいニュースには違いありませんが、第一作でストーリーは完結してしまったので、どんな形で続編を展開するのか、興味をそそられるところです。

オール・ユー・ニード・イズ・キル [Blu-ray]

All You Need Is Kill 1 (ジャンプコミックスDIGITAL)

comments powered by Disqus