『ドクター・フー』の青少年向けスピンオフシリーズが製作

2015年10月3日

イギリスのTVシリーズ『ドクター・フー』のスピンオフシリーズ(既存の作品から派生した作品)が製作されることになりました。

『CLASS/クラス』と名付けられた本作は青少年向けのSFドラマシリーズです。

アメリカ生まれのイギリス人作家・パトリック・ネスが脚本を担当し、全8話を執筆します。一話あたりの放送時間は45分。パトリックさんは『怪物はささやく』や、『混沌の叫び』三部作といった青少年向け小説を出版しています。

怪物はささやく | 心のナイフ 上 (混沌の叫び1) (混沌の叫び 1)

下記はBBC(英国国営放送)が発表したあらすじを翻訳したものです。

「『クラス』は現代のロンドンを舞台にした青少年向けシリーズ。とてつもない危機が時空の壁を突き破り、暗闇が迫りくる中、ロンドンは無防備だ。青少年向けフィクションの最高峰『バフィ恋する十字架』や『ハンガー・ゲーム』のアクション・魂・アドレナリンを満載し、『ドクター・フー』のコールヒル高校を舞台に、空前絶後のドラマが幕を開ける。」

脚本家のパトリックさん(下の画像)は次のような声明を発表しました。

「時空そのものと同じくらい広大な『ドクター・フー』の宇宙に参加できることに驚きとスリルを感じています。このシリーズで、ありとあらゆる面白い話を語る余裕は十分すぎるくらいあります。スティーヴン・モファットおよびブライアン・ミンチンと協力して、私のストーリーを語る場を与えられることは望外の喜びです。『クラス』のヒーローや、新たに登場する悪人、そしてエイリアンを一刻も早くみなさんにお見せしたいです。宇宙の最も暗い場所に潜む怪物を目の当たりにすることは、Aレベル試験に合格するのに匹敵することを思い出してください。」

『クラス』はイギリス・ウェールズで来春に撮影が始まり、2006年のある時点で放送が始まる予定です。

web拍手 by FC2

comments powered by Disqus