『ドクター・フー』10代目&ドナのコンビが復活!

2016年3月4日

イギリスのTVシリーズ『ドクター・フー』の10代目ドクター(デイヴィッド・テナント)とドナ(キャサリン・テイト)のコンビが復活することになりました……ただし、テレビではなく音声ドラマでの復活になります。

両氏は、イギリスのビッグフィニッシュが制作する音声ドラマで再びコンビを組みます。ビッグフィニッシュは人気テレビ番組の音声ドラマを制作している会社です。

今回は三つのドラマ『Time Reaver(時間強奪者)』、『Technophobia(科学技術恐怖症)』、『Death and the Queen(死と女王)』が制作されます。下の予告編では三作の音声クリップが収録されていますが、終わりの方でデイヴィッド・テナントが口頭でターディスの離着陸音を再現しているところが聞きどころです。

これらのドラマで、10代目ドクターとドナは、タコのようなエイリアンと対決し、ロンドン科学技術博物館に展示されている凶暴な展示品を暴き、骸骨軍団とバトルを繰り広げます。

『ドクター・フー:10代目ドクターの冒険』は2016年5月に発売されます。

web拍手 by FC2

comments powered by Disqus