『ドクター・フー』の失われたエピソード『ダーレクのパワー』がアニメで復活

2016年11月5日


©BBC Worldwide

イギリスのTVシリーズ『ドクター・フー』の二代目ドクター(パトリック・トラウトン)の失われたエピソード『ダーレクのパワー』がアニメーションで復活されました。

『ダーレクのパワー』は1966年にイギリスのBBC(英国国営放送)で放送されたもので、パトリック・トラウトンが初代ドクター(ウィリアム・ハートネル)からドクター役を引き継いでから初の作品です。

しかし、当時は番組を収録するテープが高額だったため、70年代に『ドクター・フー』の多くの作品がテープに上書きすることで消去されました。『ダーレクのパワー』はそんな作品の一つです。

しかし、音声や写真、そして一部の映像は残っていたため、それらの資料を参考にしてアニメ化し、元の音声に絵の動きを合わせることで復活が実現しました。

復活を記念して、BBCはツイッターのアカウントで本作の最初の3分間を全世界に向けて生放送します。放送される時間は現地時間で11月5日の午後5時50分(日本時間は11月6日の午前2時50分)です。ちなみにこの日時は、1966年に初めてこの話が放送されて以来、ちょうど50年目にあたるものです。

イギリス、アメリカ、オーストラリアでは、この作品が一部の映画館で期間限定で上映されます。

オーディオコメンタリーなど映像・音声特典が満載のDVDは11月21日にイギリスで発売になります。このDVDは近いうちに日本でも発売されることになると思われます。

comments powered by Disqus