『ドクター・フー』の双方向 VR(バーチャルリアリティ)アニメを制作

2019年4月1日


© BBC

イギリスの人気SFシリーズ『ドクター・フー』は、イギリスの BBC(英国放送協会)でシリーズ11の放送が終了しました。

2020年のごく早い時期にシリーズ12が放送される予定ですが、ファンはそれまでの間、双方向の VR(バーチャルリアリティ)アニメで「ドクター・フー欠乏症」を補うことができそうです。

12分のアニメエピソードは『ドクター・フー:ザ・ランナウェイ(逃亡者)』と題されています。

視聴者は VR ヘッドセットを装着することにより、ドクター(声:ジョディ・ウィテカー)が「宇宙で最恐の脅威(多分、ダーレク?」に立ち向かう中、ドクターのコンパニオン(旅仲間)として、ターディスを操縦することができます。

実写シリーズと同じく、シーガン・アキノラが音楽を担当します。監督は VR のベテランであるマシアス・チールボーグ

web拍手 by FC2

comments powered by Disqus