映画『ザ・フラッシュ』はタイムトラベルものに

2018年6月15日


© WARNER BROS.

様々な困難に遭い製作が滞っていた映画『ザ・フラッシュ』(原題)がようやく軌道に乗り、2019年初めに製作がスタートする運びとなりました。

アメリカの芸能業界紙『ザ・ハリウッド・レポーター』の報道によると、映画『ザ・フラッシュ』は当初、重苦しいテーマを扱う予定だったのですが、その計画は中止となり、代わりに映画『バック・トゥ・ザ・フューチャー』をお手本にすることとなりました。

本作は映画『スパイダーマン:ホームカミング』(2017)の脚本家である、ジョナサン・ゴールドスタインと、ジョン・フランシス・デイリーが監督します。

ジャスティス・リーグ ブルーレイ&DVDセット(2枚組) [Blu-ray]


© WARNER BROS.

ストーリーについては「フラッシュポイント」の筋を軸にして展開します。「フラッシュポイント」とは、主人公のバリー・アレン(エズラ・ミラー)が過去に戻り、殺される運命にあった母親の命を救ったため、時間軸が枝分かれして悲惨な世界が実現してしまうというもの。

この世界では、バットマンことブルース・ウェインが子供のころ、殺されるはずだった両親が殺害を免れ、両親がバットマンとジョーカーになるという奇想天外な展開となります。また、ワンダーウーマン(ガル・ガドット)とアクアマン(ジェイソン・モモア)は専制君主となり、戦争を始めます。

一方、フラッシュ/バリー・アレンの恋人、アイリス・ウェストの役をキアシー・クレモンズが演じることが発表されました。

ワンダーウーマン ブルーレイ&DVDセット(2枚組) [Blu-ray]

web拍手 by FC2

comments powered by Disqus