『スター・トレック』創案者の息子がタイムトラベルに関するTVシリーズを制作

2016年7月15日

『スター・トレック』の創案者であるジーン・ロッデンベリーの息子、ロッド・ロッデンベリーが、タイムトラベルに関する新しいテレビシリーズを制作することになりました。

デッドラインの報道によると、ストーリーオスコピック・フィルムズ社(アニメやSF・ファンタジー系の映画およびTVドラマの制作会社)は、ロッデンベリー・エンタテイメント社(最高経営責任者はロッド・ロッデンベリー)、およびジャンプ!クリエイティブ社と協力して、新しいテレビシリーズ『ホロスケープ』を制作することが決定しました。


ロッド・ロッデンベリーと、彼の母親、メイジェル・バレット(ジーン・ロッデンベリーの妻)

60年代のTVシリーズ『宇宙大作戦』に端を発する『スター・トレック』シリーズは、国際的な視野に立ち、様々な人種の俳優を配役したことで知られていますが、『ホロスケープ』もそれに倣(なら)い、キャストや登場人物に多様性を持たせることで、国際的にアピールするドラマ作りを目指します。

『ホロスケープ』のあらすじは以下のとおりです。

第三次世界大戦により文明が崩壊した世界で、若い生存者たちが「ホロスケープ」と呼ばれる人工物を発見する。調査の結果、この人工物が人類を滅亡に追いやる一因となったことが明らかになる。ホロスケープにはあるチャンスが秘められていた。それは、現在から逃れ、未来を救うチャンスであった……。
ちなみに、ロッド・ロッデンベリー氏は、2017年1月にアメリカで放送が始まる新TVシリーズ『スター・トレック』でもプロデューサーを務めます。

comments powered by Disqus