『新・尋秦記 タイムコップB.C.250』が公開


2019年11月21日

2001年に香港のTVB(無綫電視)で放送され、大ヒットしたドラマ『尋秦記 タイムコップB.C.250』が中国でウェブドラマとしてリメイクされ、現在 Youku(中国の動画共有サイト)で配信されています。

元のテレビシリーズ『尋秦記 タイムコップB.C.250』は、特別警察の刑事、少龍(ルイス・クー)が、秦の始皇帝の即位式をカメラに収めるため、タイムマシンで紀元前247年に行くという物語。ところが少龍は目的の時代よりも三年も前の紀元前250年に到着してしまいます。しかも、そこは秦の敵国、趙。このころ、後に始皇帝となるヤンジョンは趙国で人質として軟禁されていました。少龍は彼を救い出すため、この時代にとどまることを決意します。

尋秦記 タイムコップ B.C.250 全10巻セット [レンタル落ち] [DVD]

今回リメイクされた『新版 尋秦記』には未来的な要素が取り入れられており、2050年の刑事・少龍(チェン・シャン)が2300年前にタイムトラベルするという設定になっています。少龍は、レーザー銃や、4Dの映像を映しだす時計など、未来的なガジェットを使って、ヤンジョンを敵から守ろうとします。

下の動画はリメイク版の第1話ですが、字幕は中国語のみです。

なお、元のシリーズの主演者であるルイス・クーは、同作を映画化する企画を現在進めているそうです。

web拍手 by FC2

comments powered by Disqus