TVシリーズ『宇宙家族ロビンソン』のリメイクが正式に決定

2016年7月4日

60年代のTVシリーズ『宇宙家族ロビンソン』がリメイクされることが正式に決定しました。

ネットフリックス(アメリカのオンラインDVDレンタル及び映像ストリーミング配信事業会社)は、10話の制作をレジェンダリー・エンタテイメント(アメリカの映画・TVドラマ・コミック制作会社)に正式に発注しました。

映画『ドラキュラ ZERO』の脚本家であるマット・サザマバーク・シャープレスが脚本を執筆、TVシリーズ『プリズン・ブレイク』のザック・エストリンが制作総指揮を務めます。

リメイク版『宇宙家族ロビンソン』はアメリカのネットフリックスで2018年に配信されます。日本語版は追って日本のネットフリックスで配信されると思われます。

1965年にアメリカで放送が始まった『宇宙家族ロビンソン』は、人口過密に悩む30年後の未来(1997年)を舞台に、ロビンソン一家が、ケンタウルス座アルファ星を植民地化するために、5年半の宇宙の旅に出発するという物語。ところが、敵国のエージェントであるドクター・スミスが宇宙船内で破壊工作を行ったため、一家は宇宙で迷子になってしまいます。

ネットフリックス・オリジナルコンテンツの部長であるシンディ・ホランドは次のようにコメントしています。

「元のシリーズはドラマとコメディを巧みに織り交ぜ、幅広い視聴者層の心をとらえました。現在リメイクに取り組んでいるスタッフは、60年代のシリーズに愛着を持っている人々と、新世代の双方にアピールするようなシリーズを作り上げることを確信しております。そして世界中に新しいファンが生まれることでしょう。」

宇宙家族ロビンソン シーズン1 (SEASONSコンパクト・ボックス) [DVD]

宇宙家族ロビンソン シーズン2 (SEASONSコンパクト・ボックス) [DVD]

宇宙家族ロビンソン シーズン3 (SEASONSコンパクト・ボックス) [DVD]

ロスト・イン・スペース [Blu-ray]

web拍手 by FC2

comments powered by Disqus