コンタクト 科学ゾーン 読書ゾーン 実話ゾーン ホームページ
時間旅行スター・トレック→スタートレックNEWS


■死の直前に『スター・トレック イントゥ・ダークネス』を鑑賞するチャンスを得た男性が死去(2013年1月7日)

「死ぬ前に『スター・トレック イントゥ・ダークネス』をぜひ鑑賞したい」という最期の願いがかなえられた、アメリカの男性ダニエル・クラフトさんが亡くなりました。42歳でした。

医師から「あと2週間の命」と宣告されたダニエルさんは、インターネットのサイトに嘆願記事を投稿、それがJJエイブラムズ監督の目にとまり、悲願が実現したもの。

エイブラムズ監督は、ダニエルさんと彼の奥さんのために、完成間近の『スター・トレック イントゥ・ダークネス』の特別上映を手配しました。

鑑賞後、奥さんは次のような記事を投稿しました。

「ダニエルと鑑賞できたのはすばらしいことでした。そして、ダニエルが楽しんでいるさまを見るのはすばらしいことでした。彼のような末期患者の顔に短時間でも微笑みが浮かんだことが、本当に大きな違いをもたらしました。」

ダニエルさんは二種類の末期ガンと戦った末、1月4日の夜に息を引き取りました。

映画ファンだったダニエルさんは、生前、「ニューヨークアジア映画祭」の企画に関わっていたのですが、その映画祭の関係者が次のような記事をfacebookに投稿しました。

「昨夜(1月4日)の午後10時15分、ダン・クラフトが亡くなりました。息を引き取った時、彼の奥さんと兄弟がそばについていました。痛みはぜんぜん感じなかったそうです。」

「肝不全で血液中に毒素がたまったので、数日に渡り彼はちょっとおかしくなりました。木曜日に奥さんがトイレに行きたいかどうか尋ねたところ、彼はこう答えたそうです。『僕は……未来に行く』と。また会おうぜ、ダン。会えなくなって寂しいよ。」

web拍手 by FC2