シュワルツェネッガー『ターミネーター6』は制作される

2016年3月22日

2015年に公開された映画『ターミネーター:新起動 ジェニシス』はアメリカ国内で不評だったので、続編の制作が危ぶまれていました。しかし、アーノルド・シュワルツネッガーによると、続編は確かに制作されるとのことです。

オーストラリアのテレビ局・チャンネル9の番組に出演し、司会者から第6作が制作されるか否かを問われたシュワルツネッガーさんは次のように答えました。

「楽しみにしています。ええ、間違いありません。」

昨年、シュワルツネッガーさんはファンに対して第6作の撮影が2016年に始まるとコメントしました。ところが、今年の1月、パラマウント・ピクチャーズは公開予定の作品の中から『ターミネーター』を取り除き、ドウェイン・ジョンソンとザック・エフロン主演の『ベイウォッチ』と入れ替えたので、『ターミネーター』続編はお蔵入りになったと見られていました。

『ターミネーター:新起動 ジェニシス』は世界中で約500億円の興行収入を上げたものの、アメリカ国内では映画評論家から酷評されたため不入りとなり、興収は約100億円にとどまりました。

ターミネーター:新起動/ジェニシス [Blu-ray]

web拍手 by FC2

comments powered by Disqus