映画『トランスフォーマー』最終作にアーサー王が登場

2016年9月6日


©Paramount

映画『トランスフォーマー』シリーズの第5作(最終作)『トランスフォーマー/最後の騎士(仮題)』(2017)は、タイムトラベルがテーマになるかもしれません。

本作で、イギリスの俳優、リーアム・ギャリガン(下の画像)がアーサー王の役を演じることが明らかになりました。また、チリ出身の俳優、サンティアゴ・カブレラが魔術師マーリンの役を演じます。

アーサー王は、5世紀後半から6世紀初めの伝説的なブリトン人の君主であり、魔術師・マーリンはアーサー王の助言者とされています。その二人が現代を舞台にした物語に登場するということは、タイムトラベルがストーリーに取り入れられるのかもしれません。


©2016 American Broadcasting Companies, Inc.

興味深いことに、リーアムさんは、アメリカのTVシリーズ『ワンス・アポン・ア・タイム』シーズン5で、アーサー王を演じたばかりです。また、サンティアゴさんは、イギリス BBC(英国国営放送)制作のTVシリーズ『魔術師マーリン』で、ランスロット(アーサー王物語に登場する伝説の人物で、円卓の騎士の成員。主君アーサー王の王妃グィネヴィアと不義の恋に落ち、円卓の騎士の分裂の一因となった)の役を演じました。

本作ではマイケル・ベイが監督として復活します。主演はマーク・ウォールバーグで、そのほかにアンソニー・ホプキンズ、ジョシュ・デュアメルらが出演します。また、日本の鎧武者の様な風貌を持つロボット・ドリフト役で、渡辺謙が前作に引き続き声の出演をします。

この作品は2017年6月23日にアメリカで公開されます(日本での公開日は不明です)。それに先立つ3月24日には、ガイ・リッチー監督の映画『King Arthur: Legend of the Sword(直訳:アーサー王:剣伝説)』がイギリスで公開されます。今、ちょっとしたアーサー王ブームが起こっているのかもしれません。

トランスフォーマー ベストバリューBlu-rayセット (期間限定スペシャルプライス)

魔術師マーリンDVD-BOX I

comments powered by Disqus