リュック・ベッソンの大作SF映画『ヴァレリアン』の画像が公開

2016年4月1日

フランスの映画監督・リュック・ベッソンが監督するSF映画『ヴァレリアンと千の惑星の都市(原題の直訳)』の画像が公開されました。

下の画像はベッソン監督がツイッターに投稿したもので、ヒーローのヴァレリアン(デイン・デハーン)と、ヒロインのロールリンヌ(カーラ・デルヴィーニュ)が映っています。二人の背後にいるのはベッソン監督です。

上の画像に加えて、アメリカの芸能情報専門誌『エンタテイメント・ウィークリー』に4枚の画像が公開されました。

この映画は、フランスのSF漫画シリーズ『ヴァレリアンとロールリンヌ』を実写映画化するもの。ピエール・クリスチャンが創案し、ジャン・クロード・メジエールが作画した原作は、1967年から2010年まで連載されました。

この映画のあらすじは次のようなものです。

タイムトラベル能力を持つ政府のエージェント、ヴァレリアンとロールリンヌは、司令官(クライブ・オーウェン)の命を受け、調査のために銀河間都市アルファに向かいます。この都市には宇宙のあちこちからやってきた何千もの種族が住んでおり、その人口は1,700万に及んでいました。しかし、そこでは陰で恐ろしい陰謀が進行しており、人類に危険が忍び寄っていたのです……。

現時点で撮影は半分まで完了しており、ベッソン監督は5月に撮影が終わるまでの間に、2400もの特殊効果を加える予定とのことです。

その他の主な出演者は、リアーナ、イーサン・ホーク、ハービー・ハンコック、ルトガー・ハウアーです。

この映画は2017年7月21日に、フランスとアメリカで公開されますが、日本での公開日は今のところ不明です。あなたはこの作品を楽しみにしていますか?

フィフス・エレメント [Blu-ray]

web拍手 by FC2

comments powered by Disqus