コンタクト 科学ゾーン 読書ゾーン 実話ゾーン ホームページ
時間旅行TV&映画ゾーン→(旧)ドクター・フー シーズン4(2)


■二代目ドクター紹介

風変わりで、おどけ者で、機知に富む二代目ドクターは初代ドクターとは正反対の性格です。初代ドクターは威厳があり居丈高。両手の親指をベストのポケットに突っ込み、胸を張って、「君は私を誰だと思っとるのかね? ふーん?」という感じだったのですが、二代目はずっと肩の力が抜けており、髪はボサボサ、性格は穏やかです。初代ドクターが「厳格ながら根は優しいおじいさん」的な存在だとしたら、二代目は「優しいおじさん」といった感じでしょうか。彼は考えに詰まると縦笛を吹くという奇癖を持っています。多分、縦笛を吹くことによって気分転換し、新鮮なアイデアをひねり出そうとしているのでしょう。

二代目ドクターを演じたのはパトリック・トラウトン。彼は1966年の11月から1969年の6月までドクター役を務めました。なお、同氏は1987年に他界されました。


30.ダーレックのパワー


31.ザ・ハイランダーズ



32.海底の脅威


33.月面基地

ドクター、ポリー、ベンとジェイミーの四人は2070年の月面基地に到着する。この基地には地球の天気をコントロールする「グラヴィトロン」という装置が備えつけられていた。四人が到着後、基地の作業員の間で謎の伝染病が発生、しかもグラヴィトロンが原因不明の故障を起こした。月面基地の責任者は四人に嫌疑をかける。だが皆の知らないところで、ドクターの敵・サイバーマンがひそかに地球侵略の新たな計画を遂行していた……。

この作品は第1話と第3話が過失により消去されてしまいましたが、第2話と4話が『ロスト・イン・タイム』のDVDに収められ、発売されています。

Doctor Who: Lost in Time - William Hartnell Years [DVD] [Import]


34.マクラの恐怖


35.顔のない者

脚本:デイヴィッド・エリス、マルコム・ハルク、監督:ジェリー・ミル

エイリアンが人間になりすまし、地球侵略を計画

第1話:1967年04月08日
第2話:1967年04月15日
第3話:1967年04月22日
第4話:1967年04月29日
第5話:1967年05月06日
第6話:1967年05月13日

四人のタイムトラベラーは1966年のロンドン、ガトウィック空港の滑走路に到着する。空港では謎の失踪事件が続発していた。ベンとポリーも姿を消してしまう。その後、ポリーに瓜二つの女性が現れるが、彼女はドクターにもジェイミーにも会ったことがないと主張する。調査の結果、ドクターは真実を探り出すことに成功する。カメレオンという名の顔のないエイリアンが地球人を誘拐し、失踪者になりすまして地球を乗っ取ろうとしていたのだ!

これは有名なSF映画『ボディ・スナッチャー』や60年代のテレビドラマ『インベーダー』のように、エイリアンが人間になりすますお話です。この種の映画につきものの「誰が味方で誰が敵かわからない」状況が不安とサスペンスを呼びます。この作品は部分的にロンドンのガトウィック空港でロケされました。

■さようなら、ポリーとベン!

ポリーとベンは自分たちの時代に戻ってきたので、ターディスを離れることを決意しました。二人がロンドンを発ってタイムトラベルを始めたのは1966年の7月。戻ってきたのも同年の7月ですので、大冒険をしたにもかかわらず、時間がまったく経過していないことになります!

この作品は第1話と3話が『ロスト・イン・タイム』のDVDに収められ、発売されています。

Doctor Who: Lost in Time - William Hartnell Years [DVD] [Import]


36.ダーレックの悪

脚本:デイヴィッド・ウィテカー、監督:デレック・マルティナ

ダーレクが地球征服を計画

第1話:1967年05月20日
第2話:1967年05月27日
第3話:1967年06月03日
第4話:1967年06月10日
第5話:1967年06月17日
第6話:1967年06月24日
第7話:1967年07月01日

>

前回の物語でガトウィック空港に到着したターディスが何者かによって盗まれた。捜索を続けていたドクターとジェイミーは1866年にタイムスリップ、そこでダーレクに捕らわれてしまう。二人がタイムスリップしたのは科学者エドワード・ウォーターフィールドの仕業だった。ウォーターフィールドは娘をダーレックによって誘拐された。弱みを握られた彼はダーレクの命令に従い、仕方なくドクターとジェイミーをタイムスリップさせたのだ。ダーレクは地球を征服するため、「ヒューマン・ファクター(人間を人間たらしめている要素)」を抽出しようとしていた。ダーレックはその仕事をドクターにさせようとしたのだ。だがドクターは、その裏でもっと邪悪な計画が進められていることに気づく……。

これはシーズン3の『ダーレックのマスタープラン』と並び傑作の誉れ高い作品です。シーズンフィナーレにふさわしく、スケールの大きな展開で、物語の舞台は現代のロンドンからビクトリア時代、そしてダーレックの故郷であるスカロ星へと移っていきます。第二話以外のすべてのエピソードが消去されてしまったのは残念。

この作品は第2話のみ『ロスト・イン・タイム』のDVDに収められ、発売されています。

Doctor Who: Lost in Time - William Hartnell Years [DVD] [Import]


◆新コンパニオン紹介

●ヴィクトリア・ウォーターフィールド
ヴィクトリアは19世紀のイギリスで生まれました。科学者の父親はダレックに殺され、孤児になったので、物語の終わりでドクターが彼女にターディスに乗るよう誘ったのです。彼女は繊細で女性的なので、悪者とじかに張り合うだけの力はありません。でも彼女には必殺の武器があります。それは耳をつんざくような絶叫です!これにはさすがのエイリアンもたじたじ??

ヴィクトリアを演じたのはデボラ・ワトリング。彼女は1967年の5月から68年の4月までジェイミーと共にドクターのコンパニオンを務めました。


シーズン:  |  |  | 4(1) | 4(2) |  |  |  |  |  | 10 | 11 | 12 | 13 | 14 | 15 | 16 | 17 | 18 | 19 | 20 | 21 | 22





シーズン4
シーズン5
シーズン6