コンタクト 科学ゾーン 読書ゾーン 実話ゾーン ホームページ


■スターゲート ユニバース

原題:Stargate Universe
放映年月日:2009年10月2日〜
製作国: アメリカ
創案者: ロバート・C・クーパー、ブラッド・ライト
主演者:
ロバート・カーライル ... ニコラス・ラッシュ博士
ジャスティン・ルイス ... エヴェレット・ヤング大佐
ブライアン・スミス ... マシュー・スコット
エリーズ・レヴェスク ... クロエ・アームストロング
デイヴィッド・ブルー ... イーライ・ウォラス

秘密基地でスターゲートの第9シェヴロンを調査していたチームが謎の敵から攻撃され、調査員たちはスターゲートを通って避難せざるを得なくなる。結局、彼らは地球から数十億光年も離れた「デスティニー」という名の、飛行中の宇宙船の中に行き着いた。この宇宙船は銀河系にスターゲートを設置する目的で、何百万年も前に作られた。航路は事前にプログラムされており、変えることができない。また、パワーが足りないので、スターゲートを使って地球に戻ることもできない。ラッシュ博士とヤング大佐に率いられるチームは、この宇宙船で旅をしながら、地球に帰る方法を見つけ出さなければならない。

このドラマはスターゲートシリーズの3作目にあたりますが、前作『スターゲートSG1』や『スターゲート アトランティス』とは作風がかなり違います。SG1とアトランティスは、アクションあり、笑いあり、ホラーありのSFアドベンチャーで、登場人物たちは好感を持てるヒーローばかりでしたが、ユニバースはダークで深刻なムード。笑いはほとんどありません。

軍人、科学者、民間人など、種々雑多な人々が宇宙船「デスティニー」の中で共存しなければならないので、勢い人間関係に軋轢(あつれき)が生じ、宇宙船内は不信感や、陰謀や、裏切りが渦巻くことに。ロバート・カーライル演じるラッシュ博士は、頭脳明晰ながら、ちょっと狡猾な性格で、何を考えているのかわからないところがあります。そんな彼に、リーダーのヤング大佐は強い反感を抱いており、ふたりはしばしば対立します。ヤング大佐はヤング大佐で、地球に残してきた妻が同僚と浮気をしているのではないかと悩み、その一方で、自分は宇宙船内で若い女性と関係を持ちます!ふたり以外のキャラクターも一癖ありそうな人が多く、すぐに好感を抱けない。前の2作とはあまりにも作風が異なるので、SG1やアトランティスのファンは幻滅し、怒りまくっているようです!アトランティスがキャンセルされて、ユニバースに取って代わったので、なおさらのこと。

製作者が今までとは違うドラマ作りにチャレンジしていることは明らかです。SG1とアトランティスが一話完結スタイルのシリーズだったのに対して、こちらは『LOST』や『バビロン5』のように、長編の物語をじっくり描く、大河小説風のドラマになっています。登場人物たちの私生活が仔細に描かれるので、最初は戸惑いますが、そうすることによって、キャラクターの性格を掘り下げ、現実味のあるドラマを目指しているのでしょう。この「宇宙船を舞台にしたメロドラマ」的な部分は退屈ですが、我慢して見ていると、製作者の意図や、ドラマの方向性が見えてきます。また、初めのうちは反感を抱いていたキャラクターも、彼らの境遇や生い立ちを知るにつけ、次第に共感できるようになっていきます。

これは基本的にサイエンスフィクションなので、当然のことながら、メロドラマだけで終わるわけではありません。SFに関連した部分は、手堅いストーリーと、臨場感のある特殊映像によって、非常に見ごたえのある作品に仕上がっています。一見したところ「暗くて地味なドラマ」という印象を受けますが、見ているうちに面白さが増していく。見れば見るほど味が出てくる、スルメのようなドラマです!今ではすっかりお気に入りのドラマになっています。


■スターゲートユニバース 第8回『タイム』

この記事にはネタバレが含まれていますのでご了承ください。

このエピソードで、宇宙船内の人々は原因不明の病気で次々に倒れ、無意識状態になってしまう。調査の結果、宇宙船内の水にウイルスが潜んでいることが明らかになる。この水は「氷の惑星」から採取してきたものだ。

第6回『水』で、宇宙船内の水が足りなくなったので、乗組員たちは「氷の惑星」に行き、氷を切り出してくる。この氷は採取前にウイルス検査をおこない、さらに宇宙船内で水をろ過したのだが、にもかかわらず、微小のウイルスが紛れ込んでいた。

第8回エピソード『タイム』は、この問題をタイムトラベルによって解決しようとする物語である。プロットは複雑を極め、説明しようとすると逐一筋を書かなければならないので、ここでは省略するが、タイムトラベルファン納得の非常によく考えられた物語とだけいっておこう。SFホラーの要素も入っているので、スリルも満点である。唐突な終わり方も革新的と話題になった。


ところで、このエピソードについては、興味深い余話がある。同時期にイギリスで放送された『ドクター・フー』のエピソード、『火星の水』とプロットがよく似ているのだ。両方のドラマとも、生活水を確保するために惑星の氷を切り出してくる。その氷は事前にウイルス検査され、更に念には念を入れてろ過したのだが、それでも微小なウイルスが紛れ込んでいた。そして水を飲んだ人はウイルスにやられてしまうのである。このエピソードが放送されたのは11月13日。『火星の水』が放送されたのは11月15日。似たような物語が同じころに放送されたのは驚きである!

偶然の一致がまたもや起こった!4月30日にアメリカで放送された『スターゲート ユニバース』のエピソード、『ロスト』で、登場人物たちは、懐中電灯を片手に、とある惑星の地下道を探索した。この地下道は迷路のように入り組んでいた。一方、4月24日にイギリスで放映された『ドクター・フー』のエピソード、『天使の時間』で、登場人物たちは、懐中電灯を片手に、とある惑星の洞窟の中を探検した。この洞窟は迷路のように入り組んでいた!

■『スターゲイト』の小道具が競売(2011年6月25日)

6月17日と18日、『スターゲイト SG-1』、『スターゲイト:アトランティス』、そして『スターゲイト:ユニバース』の小道具、衣装、家具などの記念品が競売にかけられました。

この競売は、メイナーズ社の主催で、カナダ・バンクーバーにあるブリッジ・スタジオのFXステージでおこなわれたもの。

『スターゲイト』シリーズはもともと映画作品として1994年に世にお目見えしましたが、その後、TVシリーズ化され、『SG1』はシーズン7まで続き、『アトランティス』はシーズン5まで続きました。シリーズ3作目にあたる『ユニバース』は2009年にアメリカのサイファイ・チャンネルで放送が始まったものの、視聴率が低迷したことから、未完結のまま、シーズン2で打ち切られました。

今回のオークションをもって、『スターゲイト』14年の栄光の歴史に完全に幕が引かれたのでしょうか? いつか同シリーズが装いも新たに華麗に復活することを願っています。


■『スターゲート ユニバース』が打ち切り(2010年12月10日)

アメリカのサイファイ・チャンネルがTVシリーズ『スターゲート ユニバース』の打ち切りを発表しました。

『スターゲート』シリーズは2002年からサイファイ・チャンネルで放映されており、『スターゲートSG1』と『スターゲート アトランティス』、そして『スターゲート ユニバース』から成ります。

『スターゲート ユニバース』は2009年秋から放映されています。キャストは多人数で、前の2シリーズとは作風が大幅に異なります。シリーズのクリエイターであるブラッド・ライトとロバート・C・クーパーは、今までとは違うドラマ作りを目指し、骨太で現実味の強いキャラクター・ドラマが生まれました。

2009年に第1回エピソードがアメリカで放送されたときは230万人が視聴しましたが、シーズン1が終わるころまでに視聴者数は150万人に減っていました。サイファイ・チャンネルは視聴者を増やすために放映日を金曜日から火曜日に移したものの、シーズン2の平均視聴者数は110万人(速報値でビデオ録画した人を含まない)を下回る結果となりました。

アメリカでは最近シーズン2前半の放映が終わり、2011年春に後半として10本のエピソードが放映される予定になっていますが、これをもってシリーズの放映が終了します。すでにシーズン2最終回の撮影は終了したので、危機一髪のところで終わるとみられています。


■ブライアン・スミスがヌードシーンで神経質に(2010年9月25日)

アメリカのTVシリーズ『スターゲート・ユニバース』でマシュー・スコット中尉を演じているブライアン・J・スミスが、「ヌードシーンを演じるとき神経質になる」と語りました。

「虚栄心に負けないよう気をつけています。なぜなら、この種のドラマでは、プライドをのまなければならないからです。美しい映像を撮ることがこのドラマの目的ではありません。出演者全員が映画スターのように見えるように撮影されることはありません。」

「場面を設定するときは、実生活をほうふつとさせるような現実的な状況が想定されます。そのあと、カメラマンの背中にカメラを乗せて、『ドキュメンタリーのように撮影してくれ』と指示を出します。ですから、カメラアングルによっては、出演者の体がきれいに見えない可能性があります。でも、このドラマは現実味を重視しているので、それは致し方のないことであり、初めから受け入れなければならないことなのです。」

「全裸に近い姿で撮影しているときは、自分の姿がどのように映されるかわからないので、ちょっと神経質になります。でも、これまでのところ、それらの場面の仕上がりにとても満足しています。」

出典:SFX

この映画に対するあなたのコメントや感想を聞かせてください。こちらのページから投稿いただけます。


時間SFテレビ: 50年代 | 60年代 | 70年代 | 80年代 | 90年代 | 2000年代 | 2010年代