これはあるアメリカ人男性の体験談です。

湖畔の廃屋を探検していた父子が体験した不可思議なできごととは……?

10歳の時、僕は両親につれられて休暇旅行に出かけました。湖畔のステキな小別荘に宿をとりました。

湖の向こう側に廃屋が建っていました。ある日、父がその家を探検することを決意したので、ついていくことにしました。裏口の扉の錠をこじ開け、家の中に侵入。そこは暗くて、かび臭く、床には新聞紙が散乱していました。

一階を見て回る間、ブンブンという低い機械音が鳴り続けていました。でも、その音がどこから鳴っているのか判断できませんでした。

しばらくしてから二階に上がったら、そこには長い廊下があり、廊下に沿って四つの部屋がありました。

最初の部屋に入ったら、そこにはベッドが置いてありました。真鍮(しんちゅう)製のベッドだったのですが、マットレスはなく、枠組みだけ。扉口よりもベッドの方が大きかったので、部屋の中で組み立てられたに違いありません。それを除けば、部屋の中は空っぽで、ほかには何もありませんでした。

二番目の部屋も、三番目の部屋もがらんとしていました。最後の部屋に入ろうとした時、ガシャーンというすさまじい音が家中に響き渡りました。

父は階段まで走っていき、階下を見下ろしたのですが、誰もいなかったし、特に変わったこともなかったので、肩をすくめて僕の方に戻ってきました。

そして僕たちは四番目の部屋の扉を開け、中に入りました。最初の部屋と同じく、そこには大きな真鍮製のベッドが……。

父と僕は不安そうに顔を見合わせました。父は廊下を走って最初の部屋に行き、中を覗いて驚きの叫び声を上げました。僕も駆け足で父に合流。部屋の中に目をやった僕は恐怖に襲われました。中はがらんどうだったのです!

僕たちは全速力で階段を駆け下り、家の外に出ました。小別荘にたどり着くまで走り続けました。

最初の部屋にあったベッドはどのようにして四番目の部屋に移動したのでしょう? 今日に至るまで答えが分かりません。父はこのできごとについて話すことを頑なに拒んでいます。あの日以来、僕たちはいかなる廃屋にも一切足を踏み入れていません。

貴方を守り叶える
究極の開運ツールをご紹介!

コメントをどうぞ

お名前

メール(省略可)

あなたのサイト(省略可)

コメント

Powered by CGI RESCUE®

時間にまつわる不思議体験をしたことがありますか? お話を聞かせてください!