これはアメリカの男性・ジェイさんの体験談です。

通勤中のサラリーマンが体験した突拍子もないできごととは……?

これは奇妙な話です。あまりにも突飛なできごとなので、作り話だと思うかもしれません。実のところ、僕はこれが作り話ならいいのに、と思っています。あるいは、科学的に説明できればいいのに、と。何はともあれ、話を始めましょう。

2〜3年前、僕は毎日、同じ道筋をたどって通勤していました。自宅から出たら、横断歩道を渡ってスターバックスに入り、そこから電車の駅に行って、職場に向かったのです。2〜3年に渡り、これが僕のお決まりのコースでした。通勤の最中に取り立てて変わったできごとは起こらなかったのですが、ある日、そんな平凡な日常に異変が生じました。

ある夏の日のこと。雨はしばらく降っておらず、湿度は高くありませんでした。横断歩道を渡っていたら、突如として足がびしょ濡れになってしまったのです! 両方の足が濡れてしまいました。

水たまりでもあるのかと思って下を見たのですが、何もありません。歩くと靴の中がガボガボするほど濡れてしまったのです。まるで湖の中に足を踏み入れたかのようでした。靴下も、靴も、ズボンのすそもビショビショになりました。

何年も暴飲したせいで、頭がおかしくなったのかと思いました。その週のうちに医師に電話をして予約を入れようと思いました。

さて、その翌日、何が起こったと思いますか? いつもの通い路が閉鎖されていたのです。その理由は……例の横断歩道の真下で水道管が破裂したのです。その道には少なくとも深さ60センチメートルの水たまりがありました。何と奇妙なことなのでしょう。

夢の実現を引き寄せる最短ルート

コメントをどうぞ

お名前

メール(省略可)

あなたのサイト(省略可)

コメント

Powered by CGI RESCUE®

時間にまつわる不思議体験をしたことがありますか? お話を聞かせてください!