pngtree.com

これはあるアメリカ人女性の体験談です。

新しいジェラートの店が気に入ったので、翌日また来店したら……

今日、奇妙極まりない体験をしました。まさにトワイライト・ゾーン(逢魔が時)に足を踏み入れてしまったかのような体験でした。

昨日の午後、友達と私は無性にアイスクリームが食べたくなりました。そんな中、街にジェラート(イタリア語で「凍った」という意味を持つ氷菓子)の店がオープンしたことを思い出したんです。私たちは大の甘党なので、この店のジェラートを食べてみたくなりました。

閉店の10分前に店に到着したので、そのことを詫び、多額のチップを上げて、早々に退出する予定でした。

ところが、店の男性は新しい客が来たことに大喜びし、おしゃべりに夢中になって、いろいろなことを教えてくれました。彼は店主だったんです。商売がなかなか軌道に乗らないので、新しい広告のアイデアを考えているとのことでした。

この店では、ジェラートのほかに、ドイツから輸入したソーセージも出しているとのこと。そこで私は翌日友達と一緒にまた来店して、昼食をとることにしました。店主はそれを聞いて大喜び! 歓迎したいので何時ごろ来店する予定なのか教えてほしいと尋ねられました。私たちはメニューをもらって店を後にしました。

翌日、約束通り昼食をとるために友達とその店に行ったら、なんと影も形もありません! その店が入居していたビルは残っていたのですが、まったく違うレストランになっていました。そこでは昼食は提供せず、夕食のみの提供になると表示が出ていました。

スマホでジェラートの店をググってみたら、フェイスブックのページが現れ、前日に訪れた店の画像とともに住所が掲載されていのですが、完全に閉店したとのこと。唯一の名残は、店の隣に立つ電柱に貼られた紙のメニューでした。

ちなみに、私たちは前日の午後4時半に店を訪れ、翌日の午前11時15分に再訪しました。文字通り一夜にして店の内部は完全に改装されてしまったのです。

どうやら私たちは知らない間に過去に戻ったようです。


続いて、ある日本人男性の体験談をご紹介します。

戦前の世界にさまよいこんだ?

友達が江古田に住んでたんだけど、田舎にしばらく帰るから「自由に使っていいよ。」って言われて、私を含め5人で酒盛りをしよう!とその部屋で飲み会をする事に。

江古田駅周辺で色々買い込んで、アパートに向かったんだけど、途中に古いお蕎麦屋さんがあって、そこの角を曲がったとたん、なぁ〜んか薄ぐらいんだよねぇ〜!それまで人通りも多くて自転車に乗った人なんかもいたのに、急にぱったりと人がいない…。

『なんか変だな?』と思いながらも、口に出すのが怖くて黙ってたら他の4人も妙に口数が少ない。やっとこの角を曲がればアパートって所まで来ると、ある筈の路地が無い!古い納屋みたいな建物があって路地自体が無くなってるんだよね!

そこでじっくり周りを見まわすとマンションや高い建物が全く無くて、まるで戦前のような町並みが広がってた! さっきから暗いと思ったのも、街灯が昔の映画に出てくるような裸電球だけだった。

「これはおかしい!とりあえず駅まで戻ろう!」と来たのとは逆の道を通って、駅まで戻るとやっと駅周辺に人並みが…。「怖かったね!どうする?もう1度戻る?」と話してると、私達と同じ方向に行く男性グループがいたんで、その人達の後をついて、元来た道を戻ると、今度はすんなりアパートに到着してホッとした〜!

あの時戻れたからいいけど、もし戻れなかったら5人で神隠しにあってたのかな?

出典:【異次元?】時空の歪みpart2【神隠し】

コメントをどうぞ

お名前

メール(省略可)

あなたのサイト(省略可)

コメント

Powered by CGI RESCUE®

時間にまつわる不思議体験をしたことがありますか? お話を聞かせてください!