海神駅

昨晩あった出来事。

夜勤に向かう時に京成成田方面からJR西船橋に行くのだが、定期代が変わらないのでJR経由で西船に向かったり、歩きたい時は京成西船で降りてJR西船橋までフラフラする。昨晩は京成船橋駅で降りずに、京成西船まで向かう。間の駅は海神という駅だけ。スマホをいじりつつ、1つ目の駅で止まり通過。海神駅な筈。んが、次に止まったのが海神駅。え?え?混乱して路線図を確かめるもやはり間に駅は無し。次の西船で降りて夜勤に向かったが、アレはなんだったんだろう? そういえば、何故か人が沢山いた気もした。

船橋、八幡、葛西辺りってやっぱり何処かに繋がる歪みがあるんだろうか?

出典:異世界総合スレ 3 (時空の歪み・パラレルワールド)


二組の異なる衣服

これはアメリカの女性、ジョーさんの体験談です。

15歳の時、子連れの友達と動物園にいきました。子供たちの世話をするお手伝いをしてあげようと思ったんです。その日、何枚か写真を撮ったのですが、後で見返したら、同じ日に二組の異なる衣服を着ている自分がいました。自宅から動物園まではおよそ24qの距離があるし、外出時に着替えを持参するようなことはありません。今もなお、これらの写真を見るたびに鳥肌が立ちます。友達もビビっていました。自らこんな体験をしなければ、この手の話を信じることはなかったでしょう。

3分でオーラが変わり、引き寄せの法則が発動する!!


異世界のような所に行ったかもしれない

数ヶ月前に異世界のような所に行ったかもしれないので書き起こし

・朝、いつも通りの時間に大学の最寄駅で降りたが私以外に降りる人がいない、ホームに誰かがいる様子もなかった
・駅で流れているアナウンスが何回聞いても知っている言語ではなくて怖くなる
・改札を出たがいつも学生で混んでいるはずの通路に誰もいない
・怖いから出口まで急いで歩いていたのに外に出るまで10分も掛かっていた(普段掛かる時間は1分程)
・外に出た瞬間空気が軽くなったのを感じ、誰も歩いていなかったはずの自分の後ろ(駅の出口)からどんどん人が出てきた

エピソード的にはぬるいかもしれないけどめちゃめちゃ怖かった
関東の某地下鉄ですが、これから数年は乗らないといけないのがつらい

出典:異世界総合スレ 3 (時空の歪み・パラレルワールド)


奇妙な偶然

1953年のことです。アーヴ・カプチネットという名の新聞記者がイギリス・ロンドンにやってきました。彼はエリザベス2世の戴冠式を取材するためにやってきたのです。宿泊先は豪華なサボイホテル。ベッド脇のテーブルの引き出しの中に品物がいくつか入っていたのですが、それらの品物にはハリー・ハニンという名前が印字されていました。ハリーは有名なバスケットボールチームの一員で、アーヴの友人でした。

それから2日後、アーヴはハリーに電話し、サボイ・ホテルに泊まったことがあるかどうか尋ねました。ハリーは「泊まったことがある」と答えたものの、アーヴが質問した理由を話す前に、別の話を始めました。そのころハリーはパリの「ル・ムーリス」というホテルに泊まっていたのですが、2日前、自室の引き出しの中にネクタイが入っているのを見つけたというのです。そのネクタイにはアーヴ・カプチネットという名前が印字されていました!

とっても不思議なカラー診断(無料)と
気になる不思議グッズがいっぱい!! いますぐクリック!


高台の街

異世界なのかは分からんけど面白い体験をした。今から10年くらい前なんだけど、仕事でH県S市に行ったその帰り道のこと。

その当時乗ってた車が走行距離20万キロ超えたボロボロの軽自動車。後付けしたカーナビも中古だったせいかよく故障するので、標識を頼りに走ってた。(ちなみにこのカーナビは知人と◯鳴峠を通った時に崖の方に誘導した事がある曰く付き)

金もなかったからなるべく下道で地元まで帰ろうとフラフラしてたんだけど、いつのまにかすっげー山道に入ってしまってた。登ったり下ったりして1時間以上走ってたかな?夕方だったしこのまま夜になったらマズイなぁと考えだした時にようやく山道を抜けることができた。おそらく…距離や走った方向的にT市だったと思うんだけど、あまり見慣れない景色だった。レトロな印象の街並みで高台にあるためか遮蔽物が無く、目の前には夕焼けに染まる空と街が広がっててそれはもう綺麗だったことを覚えてる。結局、そのまま道なりに走ってもう一度山道とトンネルを抜けたらいつも走ってる国道に出て地元まで帰れたから、特に何かが起きたとかそういうわけではないんだけど…。

実は当時引越しを考えていてその通り抜けた街がすげーストライクだったんだよ。住んでみたいなぁって思ったから、走ってる時に携帯で現在位置を調べて出てきた地名を覚えてたんだけど…。その後何度か仕事でS市に行くことがあったので、またあの景色が見たくて同じ山道を通って帰ったんだけど結局あの高台の街には辿り着くことができなかった。今でもたまーにグーグルアースでその地名を調べるんだが全然違う街並みなんだよ。

俺はあの時いったいどこの街に迷い込んだんだろうなぁと…少し不思議な経験。

出典:異世界総合スレ 3 (時空の歪み・パラレルワールド)

コメントをどうぞ

お名前

メール(省略可)

あなたのサイト(省略可)

コメント

Powered by CGI RESCUE®

時間にまつわる不思議体験をしたことがありますか? お話を聞かせてください!