コンタクト 科学ゾーン 読書ゾーン 実話ゾーン ホームページ


■シャッフル

原題:Premonition
公開年:2007
製作国:アメリカ
監督:メナン・ヤポ
主演者:
サンドラ・ブロック ... リンダ・ハンソン
ジュリアン・マクマーホン ... ジム・ハンソン
ケイト・ネリガン ... ジョアンヌ
上映時間: 96分

リンダ(サンドラ・ブロック)とジム(ジュリアン・マクマーホン)は郊外の快適な家で、ふたりの幼い娘と一緒に暮らしているが、夫婦の仲は冷えている。ある木曜日の朝、地元の警察官がリンダを訪ねてきて、悲報を告げる。ジムが自動車事故で死んだというのだ。翌朝、リンダが目覚めたら、ジムは何食わぬ顔でコーヒーを飲んでいた……。

■有名サイトの評価(2011年8月21日現在)
インターネット映画データベース: 5.7 / 10
『腐ったトマト』のトマト新鮮度: 8%

・この映画で最もイライラさせられることは、明確な方向性が全体的に欠けていることである。ブロックは常に訳のわからぬまま場面から場面へと走り回っているが、目的意識はまるでない。 - ビル・ズウェッカー(シカゴ・サンタイムズ)

・この映画の最大の欠点は、初めから終わりまで死ぬほど退屈なことである。これは本作のように軽い娯楽映画にとって致命的な欠点である。それよりも気に障るのは、行き場のない構造が観客に満足のいかないマインドゲームを提供することである。 - ケビン・クラスト(ロサンゼルス・タイムズ)

・話の前提はおもしろいが、第三場までに物語は弱体化し、観客は何がどうなろうがもうどうでもいいという気分になる。 - ロス・ベネット(エンパイア)

・サンドラ・ブロックという名の悪夢は何度再発し続けるのだろう? - ピーター・ブラッドショー(ガーディアン)

・感傷的で放心的な『シャッフル』はサンドラ・ブロックにとって時間の逆行であり、大きな後退である。 - スティーブン・ホールデン(ニューヨーク・タイムズ)

シャッフル [DVD]

この映画に対するあなたのコメントや感想を聞かせてください。こちらのページから投稿いただけます。


時間SF映画: 20〜40年代 | 50〜60年代 | 70年代 | 80年代 | 90〜94年 | 95〜99年 | 2000〜04年 | 2004〜09年 | 2010年〜