ドロステのはてで僕ら

制作国: 日本
監督: 山口淳太
原案・脚本: 上田誠
主演者: 土佐和成、朝倉あき、藤谷理子、石田剛太
上映時間: 1時間10分
公開日(日本): 2020年6月5日

あらすじ

とある雑居ビルの2階。カトウがテレビの中から声がするので画面を見ると、そこには自分の顔が映っていた。画面の中のカトウから「オレは2分後のオレ」と語りかけられるカトウ。どうやらカトウのいる2階の部屋と1階のカフェが、2分の時差でつながっているらしい。「タイムテレビ」 の存在を知った仲間たちは、テレビとテレビを向かい合わせて、もっと先の未来を知ろうと躍起になるが……。

予告編

ドロステのはてで僕ら

コメント

『サマータイムマシン・ブルース』などで知られる人気劇団「ヨーロッパ企画」の短編映画『ハウリング』をリブートした劇団初となるオリジナル長編映画。主人公カトウ役の土佐和成をはじめとする劇団メンバーのほか、朝倉あき、藤谷理子らが出演。原案・脚本を劇団の代表である上田誠、監督を劇団の映像ディレクター、山口淳太が務める。