シリーズ11の概要

辞任したスティーヴン・モファットの後を継いで、クリス・チブノールが新しいショーランナー(制作総指揮者)兼 エグゼクティブプロデューサー(制作総責任者)に就任しました。また、ブライアン・ミンチンに代わり、マット・ストリーブンスがエグゼクティブプロデューサーに、そしてアレックス・マーサーが新プロデューサーに任命されました。

ショーランナーやプロデューサーの交代に伴い、キャストからスタッフ、そしてありとあらゆるデザイン要素に至るまで、シリーズ13はほぼ完全に刷新されました。番組の放送日さえ、史上初めて、従来の土曜日から日曜日に変更されました。しかしながら、最も顕著な変化は、フー史上初めて女性にドクター役が与えられたことです。この賭けは結局大きな成功を収め、第一話『新生ドクター、地球に落ちる』は、21世紀に入ってから放送されたデビューエピソード(第一話)の中で最高の視聴率を記録しました。

シリーズ11 エピソード・ガイド

1. 新生ドクター、地球に落ちる

原題:The Woman Who Fell to Earth
脚本:クリス・チブノール
監督:ジェイミー・チャイルズ
放送日(イギリス):2018年10月7日
視聴者数(イギリス):1090万人
視聴者評価(イギリス):83%


©BBC

ライアン(トシン・コール)はシェフィールド(イングランド中部の工業都市)の近郊でエイリアンのポッド(カプセル型宇宙船)を見つけ、それをきっかけにして元同級生で見習い警官のヤズミン(マンディプ・ギル)に再会する。それとほぼ時を同じくして、ライアンの祖母・グレース(シャロン・D・クラーク)と、彼女の夫・グラーム(ブラドリー・ウォルシュ)が乗っていた電車に二体のエイリアンが落下してきた。一つは複数の触腕を持つ機械生命体で、もう一人は半ば記憶を失ったドクター(ジョディ・ウィテカー)であった。ドクターは爆発するターディスから脱出し、空から落ちてきたのだ。生まれ変わりとタイムマシンを失ったことのショックから立ち直ろうとする中、ドクターは無慈悲な人間狩りを行うエイリアンに立ち向かうことを決意する。

第1話 新生ドクター、地球に落ちる


13代目ドクター紹介

制作総指揮者のクリス・チブノールによると、史上初の女性のドクターは「ドクターそのものであるが、まったく新しいドクターらしさも備えている」と語っています。13代目ドクターは驚くほど精力的で、おもしろく、元気いっぱい。この役を演じているウィテカーさんは「時速数100キロメートルの早口でまくしたてる」と付け加えています。

13代目ドクターを演じているのはイギリスの俳優であるジョディ・ウィテカー。彼女は『戦場と二人のドクター』(2017年12月)からドクター役を務めています。


新コンパニオン紹介:グラーム・オブライエン

退職したバスの運転手であるグラームは、グレースと結婚してからまだ2、3年しか経っていないのに、エイリアンとの戦いで愛妻を亡くしました。しかし、亡き妻の高い精神性に感化され、ドクターと時空を旅することを決意しました。

グラームを演じたのは、イギリスの俳優であるブラドリー・ウォルシュ。彼は『新生ドクター、地球に落ちる』(2018年10月)から『ダーレクの革命(仮題)』(2021年1月)までコンパニオンを務めました。


新コンパニオン紹介:ヤズミン・カーン

警察官の研修生であるヤズミン(通称:ヤズ)は、日常業務を行っている最中に呼び出しを受け、高校時代の友達・ライアンと再会したのみならず、ドクターと知り合いになり、ターディスの乗員となりました。

南アジア系イギリス人のヤズミンを演じているのはマンディプ・ギル。彼女は『新生ドクター、地球に落ちる』(2018年10月)からこの役を演じています。


新コンパニオン紹介:ライアン・シンクレア

ライアンの父親は行方不明になっています。上記のグラームは、ライアンの祖母・グレースの新しい夫であり、ライアンの義理の祖父に当たります。そんな中、エイリアンの装置を見つけたことがきっかけとなって、ライアンはドクター、グラーム、ヤズと一緒に旅をするようになります。

アフリカ系イギリス人のライアンを演じているのはトシン・コール。彼は『新生ドクター、地球に落ちる』(2018年10月)から『ダーレクの革命(仮題)』(2021年1月)までコンパニオンを務めました。


2. サバイバル・ラリー

原題:The Ghost Monument
脚本:クリス・チブノール
監督:マーク・トンデライ
放送日(イギリス):2018年10月14日
視聴者数(イギリス):900万人
視聴者評価(イギリス):82%


©BBC

宇宙空間にウォープし窒息死・凍死しかけていたドクターとコンパニオンたちはアングストロム(スーザン・リンチ)とエプゾ(ショーン・ドゥーリー)という名の操縦士に救われる。二人は宇宙を駆け巡るレースの参加者であり、そのレースも最終段階に差しかかっていた。最終レースは「デソレーション(荒れ地)」と呼ばれる謎に満ちた惑星で行われることになっていた。この星では水さえもが人を死に至らしめる毒物であった。レースのゴールは「ゴースト・モニュメント」と呼ばれる遺跡。ドクターはその遺跡こそが行方不明になっているターディスだと確信し、6人は不本意ながら協力して惑星を横断し、ゴースト・モニュメントに到達することに同意する。旅の過程で彼らは、この星に定住した人々の悲惨な運命を知ることになる。

第2話 サバイバル・ラリー


3. 世界が変わる日

原題:Rosa
脚本:マロリー・ブラックマン、クリス・チブノール
監督:マーク・トンデライ
放送日(イギリス):2018年10月21日
視聴者数(イギリス):84万人
視聴者評価(イギリス):83%


©BBC

ターディスは1955年11月30日の米アラバマ州・モンゴメリー市に到着する。というのも、ドクターが人口中性子エネルギーの放出に気づき、誰かが歴史に干渉しているのではないかと懸念したからだ。1955年12月1日はアメリカの市民権運動に関して画期的なできごとが起きた日であった。裁縫師のローザ・パークス(ヴィネット・ロビンソン)が人種差別されたバスで白人専用の席に座り、その席を白人に譲ることを拒否した日だったのだ。ドクターたちは、このできごとが起きなかったことにしようと図る、未来からやってきた犯罪者・クラスコ(ジョシュ・バウマン)の企みを阻止しなければならない。

第3話 世界が変わる日


4. 巨大グモの襲撃

原題:Arachnids in the UK
脚本:クリス・チブノール
監督:サリー・エイプラヘイミアン
放送日(イギリス):2018年10月28日
視聴者数(イギリス):820万人
視聴者評価(イギリス):83%


©BBC

ドクターはコンパニオンたちを現代のシェフィールドにいったん連れ戻す。グラームが今は亡き妻・グレースと共有した住宅で孤独感を味わっている間に、ドクターとライアンはヤズミン宅の隣人の遺体を発見する。その遺体はクモの巣で覆われており、この界隈でクモが奇妙な行動をとっていることが明らかになった。手がかりをたどっていくうちに、起業家、ジャック・ロバートソンが開発した豪華ホテルが浮かび上がってきた。折しもロバートソンはヤズミンの母親を支配人の地位から解雇したところであった。やがてドクターたちは、巨大なクモの軍団に囲まれ、ホテルの中に捕らえられてしまう。

第4話 巨大グモの襲撃


5.暗闇の中の希望

原題:The Tsuranga Conundrum
脚本:ジェイミー・マシソン
監督:チャールズ・パーマー
放送日(イギリス):2015年5月13日
視聴者数(イギリス):530万人
視聴者評価(イギリス):79%


©BBC

「廃品置き場惑星」で怪我をしたドクターたちは、深宇宙を航行中の緊急医療宇宙船に運ばれる。この船には「ヨス」という名の妊娠中の男性と、叙勲を受けた操縦士のイヴ・キケロも乗っていた。ヨスは生まれてくる子供を養子に出すか否かで悩んでいた。イヴは健康上の問題を弟のダーカスに隠しており、アンドロイドのコンパニオンであるローナンがその隠ぺいに協力していた。そうこうするうちに「プティング」と呼ばれる、ほぼ不死身の生き物の群れが船に侵入してくる。この生き物には無機質の物体を貪り食う習性があった。プティングが宇宙船をガツガツ食べて破壊を続ける中、乗員や乗客を救えるのはドクターと彼女の仲間たちだけ!

第5話 暗闇の中の希望


6 パンジャブの悪魔

原題:Demons of the Punjab
脚本:ヴィネイ・パテル
監督:ジェイミー・チャイルズ
放送日(イギリス):2018年11月11日
視聴者数(イギリス):750万人
視聴者評価(イギリス):80%


©BBC

祖母から昔の壊れた腕時計をもらったヤズミンは、自分の家族歴を探り出すことを決意し、ドクターに頼んで1947年8月のインド・パンジャブに向かう。このころ、パキスタンはインドから分離独立した。そして、祖母は、ヤズの祖父ではない男性と結婚しようとしていた。ドクターの調査の結果、この地域に「シジャリアン」という名のエイリアンの暗殺者が潜んでいることが明らかになる。しかし、今回ドクターたちが立ち向かわなければならない「魔」は宇宙からやってきたわけではなかった……。

第6話 パンジャブの悪魔


7.謎の差出人

原題:Kerblam!
脚本:ピート・マクタイ
監督:ジェニファー・ペロット
放送日(イギリス):2018年11月18日
視聴者数(イギリス):750万人
視聴者評価(イギリス):81%


©BBC

何世紀にも渡り巨大な通販会社「カブラム!」は銀河中の顧客に商品をテレポート配達するサービスを提供していた。ところが、ドクターが注文した商品に助けを請うメモ書きが入っていたので、ドクターたちは衛星カンドカにあるカブラム!本社に向かう。調査の結果、何人かの従業員が行方不明になっているのみならず、カンドカ星で奇妙な停電が発生していることが判明。妨害工作者が秘かに入り込んだのか? それともカブラム!社そのものが従業員を狙っているのか?

第7話 謎の差出人


8. 魔女狩りの村

原題:The Witchfinders
脚本:ジョイ・ウィルキンソン
監督:サリー・エイプラヘイミアム
放送日(イギリス):2018年11月25日
視聴者数(イギリス):720万人
視聴者評価(イギリス):81%


©BBC

ドクターたちは17世紀のイギリス・バイルハーストクラッグ村にやってくる。この村の近くには、魔女裁判で悪名高いペンドルヒルの丘があった。当地の地主、ベッカ・サベージは、悪魔によってこの村が数々の不幸に襲われたと信じており、魔女たちを一掃することを固く決心していた。ドクターが仲裁しようとしたが、その試みはかえって裏目に出ることとなった。折しも魔女狩りを行っているイングランド王、ジェームズ1世がベッカに加担したからだ。王を敵に回したドクターたちは、これ以上犠牲者が出る前に、この村で起きている奇妙なできごとに関する真実を突き留めなければならない。

第8話 魔女狩りの村


9. 鏡の向こう側

原題:It Takes You Away
脚本:エド・ハイム
監督:ジェイミー・チャイルズ
放送日(イギリス):2018年12月2日
視聴者数(イギリス):640万人
視聴者評価(イギリス):80%


©BBC

現代のノルウェーのへき地にやってきたドクターたちは、板を打ち付けられた山小屋を見つける。その中にはハンヌという名の視覚障害を持つ少女が怯えていた。ハンヌの父親・エリックは行方不明になっており、周囲の森からは恐ろしい騒音が鳴り響いていた。さらに奇妙なことに、エリックの寝室にかけてある鏡はポータルになっており、そこを通り抜けた先には凶暴な怪物が潜む洞窟のような通路があった。ドクター、グラーム、ヤズはエリックを探して鏡の中に入っていく。ライアンはハンヌを守る役を与えられた。しかし、この謎を解くために、人生で最も困難な選択に直面したのはグラームであった。

第9話 鏡の向こう側


10. 創造主と復讐

原題:The Battle of Ranskoor Av Kolos
脚本:クリス・チブノール
監督:ジェイミー・チャイルズ
放送日(イギリス):2018年12月9日
視聴者数(イギリス):670万人
視聴者評価(イギリス):79%


©BBC

ターディスに異なるエイリアン種族からのSOS信号が9つも入ってきた。いずれの信号も惑星「ランスクア・アヴ・コロス」から発信されたものであった。この星に向かったドクターたちはパルトラキという名のエイリアンに出会う。彼はこの星で行われてる戦争の唯一の生存者であった。しかし、この星には向精神性の電波が張り巡らされており、そのせいでパルトラキの記憶は切れ切れになっていた。したがって、手がかりを寄せ集めて実情を探り出すことができるのはドクターたちのみであった。調査の過程でドクターたちは、この世界を支配しているエイリアン……ティムシャーに直面することになった。グラームの愛妻・グレースを殺したのは、このエイリアンだったのだ!

第10話 創造主と復讐


新春特番:終わらない悪夢と新たな旅

原題:Resolution
脚本:クリス・チブノール
監督:ウェイン・イップ
放送日(イギリス):2019年1月1日
視聴者数(イギリス):710万人
視聴者評価(イギリス):80%


©BBC

英シェフィールド市で遺跡の発掘中にダーレクの亡がらが見つかる。これは9世紀から埋もれていたものであった。9世紀に全世界の軍隊が協力して、辛うじてダーレクを倒すことに成功したのだ。誤って息を吹き返したダーレクは、発掘チームのメンバーであるリンを洗脳して、新しい体を作るよう彼女に命令する。ドクターは時間と闘いながらリンを救い、ダーレクが侵攻艦隊を地球に召喚することを防がなければならない!

第11話 終わらない悪夢と新たな旅


ドクターフーホームページ | シリーズ1 | 2 | 3 | 4 | 2009年特番 | 5 | 6 | 7前篇 | 7後篇 | 8 | 9 | 10