コンタクト 科学ゾーン 読書ゾーン 実話ゾーン ホームページ


■アッシズ・トゥ・アッシズ

原題:Ashes to Ashes
放映年月日:2008年2月7日〜2010年5月21日
製作国:イギリス
創案者:マシュー・グラハム、アシュリー・ファラオ
放映時間: 60分
主演者:
キーリー・ホーズ ... アレックス・ドレイク
フィリップ・グレニスター ... ジーン・ハント
ディーン・アンドリュース ... レイ・カーリング
マーシャル・ランカスター ... クリス・スケルトン

アレックス(キーリー・ホーズ)は腕利きの容疑者性格分析官(事件の手口から犯人像を割り出す専門家)。離婚して小学生の娘と二人暮らしだ。彼女は謎の死を遂げた警察官サム・タイラー(このドラマの前身『ライフ・オン・マーズ』の主人公)に興味を持ち、本を執筆するため、彼の調書を読みあさっている。

ある日、彼女は凶悪犯に娘を誘拐される。犯人と交渉中、アレックスは頭を銃で撃たれ、気づいたらそこはウォークマンやデュランデュランが流行っていた1981年のロンドンだった!

■有名サイトの評価 (2010年8月7日現在)
インターネット映画データベース: 8.2 / 10
TV.com: 8.1 / 10

大ヒットした『時空刑事1973』の続編です。今回は女性警官が80年代のロンドンにタイムスリップします。『時空刑事』でマンチェスター市警の警部だったジーン・ハントと、彼の腹心の部下ふたり(レイとクリス)はロンドン市警に異動になっており、アレックスと共に様々な犯罪事件の解決にあたります。

アレックスは、サム・タイラーの調書を熟読しているので、自分がサムと同じような立場になったと推理します。つまり、自分が2008年の病院で昏睡状態にあり、自分の潜在意識が作り上げた80年代の世界を生きていると考えたのです。でも、「すべては夢の世界のお話でした」では、あまりにも安直。プロットにもう一ひねり欲しいところです。クリエイターのマシュー・グラハムによると、アレックスの推測は外れているとのことなので、今後の展開に期待!

『ライフ・オン・マーズ』でジーン・ハントの愛車はフォード・コルティナでしたが、今回は真っ赤なアウディ・クアトロに。80年代の派手なヘアスタイルやファッションも忠実に再現されています。また、ダイアナ元妃の結婚式パレードや、エイズの流行といった当時の話題もストーリーに取り入れられており、80年代のムードはたっぷりです。サウンドトラックも当時の音楽で統一されています。

『ライフ・オン・マーズ』に登場する人々はマンチェスター市の労働者階級が中心でしたが、今回は舞台が首都ロンドンに移ったこともあり、ジプシーと呼ばれる放浪者集団(移動住宅でイギリス国内を転々と渡り歩く人々)や、東欧からの労働者、エリート階級など、様々な階層の人々が登場し、イギリス社会の様々な断面を垣間見ることができます。

2009年に放映されたシリーズ2では、ドクター・デス(死博士)と名乗る謎のストーカーが出現、アレックスにつきまといます。実は彼、アレックスの時代からやってきたタイムトラベラーであり、自分の時代に帰る方法をアレックスに教えるという条件で、「オペレーション・ローズ」と名づけられた謎の計画に彼女を引き込もうとします。もうひとりのタイムトラベラーの出現により、話はぐんと面白くなりました。

シリーズフィナーレ

■『アッシズ・トゥ・アッシズ』がファッションに影響?(2010年7月5日)

現代から80年代のロンドンにタイムスリップした女性刑事を描いた、イギリスBBC製作のTVシリーズ『アッシズ・トゥ・アッシズ』で主役のアレックスを演じていたキーリー・ホーズが、ドラマの影響に驚いていると語りました。

「ドラマが最終回を迎え、80年代から抜け出せたことを喜んでいます。でも、他の人々はファッションに関して全員80年代に戻ってしまったみたい。ウエストの位置が高くなったことは、このドラマの影響ではないかと思います。家庭用パーマセットの売り上げは100%とか信じられないくらい伸びたそうですし、ブルーのアイライナーはブーツ(イギリスの大手薬品・化粧品チェーン)でものすごい売り上げを示しているそうです」。

出典:メトロ

Ashes to Ashes Complete Boxset Series 1 - 3 [DVD]

このTVシリーズに対するあなたのコメントや感想を聞かせてください。こちらのページから投稿いただけます。


時間SFテレビ: 50年代 | 60年代 | 70年代 | 80年代 | 90年代 | 2000年代 | 2010年代