『ドクター・フー』シリーズ13の予告編が公開!

2021年8月1日

イギリスのTVシリーズ『ドクター・フー』シリーズ13の予告編が公開されました。

シリーズ13から新しいコンパニオン(旅仲間)が13代目ドクター(ジョディ・ウィテカー)に加わります。2020年の元旦に放送された特番で、コンパニオンのグラーム(ブラドリー・ウォルシュ)とライアン(トシン・コール)はターディスを後にすることを決意しました。

残された13代目とコンパニオンのヤズ(マンディプ・ギル)に、新コンパニオンのダン・ルイス(ジョン・ビショップ:下の画像参照)が加わります。ジョンさんはイギリスのコメディアンなので、ドラマの中でも笑いを提供してくれそうです。


© BBC

さらに、6月25日に開かれた『ドクター・フー』のコミコンパネルにおいて、リチャード・アンダーソンもキャストに加わることが発表されました。アメリカのTVシリーズ『ゲーム・オブ・スローンズ』でグレイ・ワーム役を演じたリチャードさんは、『ドクター・フー』シリーズ13に不定期に出演し、ヴィンダー(下の画像参照)という名のキャラクターを演じます。ヴィンダーは、時空を超越して悪と闘うドクターとコンパニオンに加わり、史上最大規模の冒険を繰り広げます。


© BBC

web拍手 by FC2

comments powered by Disqus