コンタクト 科学ゾーン 読書ゾーン 実話ゾーン ホームページ
時間旅行TVと映画ゾーン→タイムトラベルNEWS


■映画『荒野はつらいよ アリゾナより愛をこめて』にクリストファー・ロイドが友情出演(2014年5月23日)

アメリカ映画『荒野はつらいよ アリゾナより愛をこめて』(2014)に、『バック・トゥ・ザ・フューチャー』のドク役でおなじみのクリストファー・ロイドが友情出演することが判明しました。

『荒野はつらいよ』は、セス・マクファーレンが監督と主演を兼ねた西部劇コメディ。

1882年、アリゾナの田舎町に暮らすアルバート(マクファーレン)は、決闘を挑まれてもヘ理屈をこねて逃げ出す臆病者でした。

彼は町に現れた美女アナ(シャーリーズ・セロン)と急接近、やがて2人は恋に落ちますが、時を同じくして大悪党クリンチ(リーアム・ニーソン)が町に襲来します。なんとクリンチはアナの夫でした! 彼はアルバートに制裁を加えようとします。

果たしてアルバートはこの危機を乗り切り、アナと一緒になることができるでしょうか……?

下の予告編には、ドクがアルバートからタイムマシンのデロリアンを隠そうとする場面が収録されています。

また、セスさんは、クリストファー・ロイドと一緒に映っている画像をツイッターに投稿しました。

この映画は日本で今年の9月に公開されます。

web拍手 by FC2