コンタクト 科学ゾーン 読書ゾーン 実話ゾーン ホームページ
時間旅行TVと映画ゾーン→タイムトラベルNEWS


■『スリーピー・ホロウ』シーズン2:視聴者の裏をかく展開に(2014年7月27日)

アメリカのTVシリーズ『スリーピー・ホロウ』シーズン1の最終話は、主要な登場人物が一人一人違う形で絶体絶命の危機に直面したところで終わりました。

プロデューサーであるマーク・ゴフマンによると、シーズン2でそれらの問題が簡単に解決することはないそうです。

私たちは簡単に問題を解決したくなかったのです。ですから、あなたがどんな展開を予想しているにせよ、その予想ははずれるでしょう。

シーズン1では、現実に起こった歴史的なできごとを背景に善と悪が対決しましたが、シーズン2でも史実にオカルト的なヒネリが加えられるとのこと。

また、シーズン2では、ベンジャミン・フランクリンが登場し、主人公のイカボッド・クレーン(トム・マイソン)と「不安定な関係」になるとのこと。また、アメリカ独立戦争での大陸軍将軍、ベネディクト・アーノルド(様々な戦功を挙げアメリカ合衆国の独立に貢献しながらも、アメリカ軍を裏切ろうとした)が登場するそうです。

シーズン1の最終話では、それまで主人公の味方と思われていたヘンリー(ジョン・ノーブル)が実は悪者であることが判明し、衝撃を与えましたが、シーズン2で彼は「悪の権化」になるとのこと。『FRINGE/フリンジ』で変わり者の天才科学者を演じたジョン・ノーブルが『フリンジ』から一転してどんな悪者ぶりを見せるかが注目されます。

シーズン2のテーマは「罪の贖(あがな)い」だそうです。

web拍手 by FC2