コンタクト 科学ゾーン 読書ゾーン 実話ゾーン ホームページ
時間旅行→X−メンNEWS


■ブライアン・シンガーが『X-MEN:デイズ・オブ・フューチャー・パスト』を監督(2012年11月3日)

映画『X-MEN:ファースト・ジェネレーション』の続編『X-MEN:デイズ・オブ・フューチャー・パスト』(原題)を、アメリカのプロデューサー/映画監督/脚本家ブライアン・シンガーが監督することが確認されました。

『X-MEN:ファースト・ジェネレーション』を監督したマシュー・ヴォーンは、11月初めに、『X-MEN:デイズ・オブ・フューチャー・パスト』の監督の座から退いたので、シンガーさんが彼の代わりに監督することになります。しかしながら、ヴォーンさんはこの映画のプロデューサーを務めます。

シンガーさんは、童話『ジャックと豆の木』を再創造した映画『ジャック・ザ・ジャイアント・キラー』(2013)の監督を終えたばかりです。この映画で主役のジャックを演じているイギリスの俳優ニコラス・ホルトは、映画『X-MEN:ファースト・ジェネレーション』でビースト/ハンク・マッコイを演じました。ホルトさんが『X-MEN:デイズ・オブ・フューチャー・パスト』に出演することはまだ確認されていませんが、もし出演が決まったら、シンガーさんは二本続けて、ホルトさんと仕事をすることになります。

シンガーさんは『X-MEN』(2000年)と『X-MEN2』(2003年)を監督したあと、X-MENからスーパーマンに鞍替えし、『スーパーマン・リターンズ』(2006)を監督しました。

『X-MEN:デイズ・オブ・フューチャー・パスト』では、センティネル(巨大なロボット)によってミュータントたちがハントされる悪夢のような未来を防ぐために、X-MENが活躍します。

マグニートー役のマイケル・ファスベンダー、プロフェッサーX役のジェームズ・マカヴォイ、ミスティーク役のジェニファー・ローレンス、そしてアザゼル役のジェイソン・フレミングが出演することが確認されています。

『X-MEN:デイズ・オブ・フューチャー・パスト』は2014年7月18日にアメリカで公開予定ですが、日本での公開日は今のところ未定です。

web拍手 by FC2