コンタクト 科学ゾーン 読書ゾーン 実話ゾーン ホームページ
時間旅行TV&映画ゾーン→(旧)ドクター・フー シーズン15

■シーズン15の概要

今シーズンから、フィリップ・ヒンチクリフに代わり、グラハム・ウィリアムズがプロデューサーを務めることになりました。彼には「ホラーとバイオレンスの要素を弱めるように」という命令が直々にくだされました。一方、それまで脚本家主任だったロバート・ホームズも辞意を表明したため、シーズン半ばでアンソニー・リードが主任におさまりました。

グラハム・ウィリアムズは『ドクター・フー』を家族向けドラマに戻すことを決意しました。この方針はロボット犬K9の登場に明らかです。K9は子供にアピールする目的で作られました。こうしてメアリー・ホワイトハウスの攻撃は治まり、「ドクター・フーは子供に有害」という批判は鳴りをひそめることになります。


92.ファング・ロックの恐怖

脚本:テランス・ディックス
監督:パディ・ラッセル
第一話:1977年09月03日
第二話:1977年09月10日
第三話:1977年09月17日
第四話:1977年09月24日

孤島の灯台にエイリアンが侵入


ターディスは英仏海峡にある人けのない島、ファング・ロックの灯台の近くに到着する。時は20世紀初頭。ドクターとリーラはこの灯台を訪ねる。そこでは三人の作業員が灯台を管理していた。その夕方、一番若い作業員のヴィンスが空に不思議な光を見たが、それがエイリアン、ルータンの宇宙船の光であることは知る由もなかった。

その夜、エンジニアのベンが行方不明になった。彼は発電機の陰で死体として見つかった。彼は感電死していた。残されたふたりの作業員たちは、伝説の怪物「ファング・ロックの獣」が彼を殺したという。ドクターは、外見を自由に変えられるルータンが小島に漂う濃霧の中に潜んでおり、灯台にとりついたと推理する。そこに上流階級の乗客数人を乗せた船が漂着、避難所を求めて灯台にやってきた。やがて灯台の中にいる人々がひとり、またひとりと殺されていった。ドクターとリーラは生存者を救うことができるか?


英語版のDVDが発売されています。→アマゾンで購入


93.見えない敵

脚本:ボブ・ベイカー、デイヴ・マーティン
監督:デリック・グッドウィン
第一話:1977年10月01日
第二話:1977年10月08日
第三話:1977年10月15日
第四話:1977年10月22日

ミクロサイズになってドクターの体内に入る


紀元5000年、三人の宇宙飛行士を乗せたスペースシャトルがタイタン(土星の衛星のひとつ)の基地に向かって飛行していた。旅が最終段階にさしかかったとき、シャトルは奇妙な雲の中に入る。宇宙飛行士たちはタイタンに帰還するが、宇宙船から出てきた彼らの外見は不気味に変わっていた。彼らは知性を持つウイルスに感染し、体をのっとられたのだ。

タイタンからの救難信号をターディスが受信したので、ドクターとリーラは同星に向かうが、その途中でターディスも奇妙な雲の中に突入、ドクターもウイルスに感染してしまった。リーラはドクターを小惑星K4067にある医療施設に連れていく。そこでリーラは風変わりな科学者、マリウス教授と、犬の形をしたコンピューター、K9の支援を受けることになった。

ドクターから指示され、リーラは自分自身とドクターのクローンを作り、それらのクローンをミクロサイズに縮小した。マリウス教授はミニチュア化したクローンを注射器の中に入れ、ドクターの体に注射した。クローンたちの使命は、ドクターの体内に入り、彼の脳に寄生しているウイルスを倒すことである……。


人間の体をミニチュア化して体内に入れ、傷を治す……このテーマは往年のSF映画の名作『ミクロの決死圏(1966)』を思わせます。


英語版のDVDが発売されています。→
アマゾンで購入


◆新コンパニオン紹介

●K9
K9は犬の形をした携帯コンピューターであり、レーザー光線やセンサー機能が搭載されています。表面的には他の人工知能と変わらないものの、彼は感情のないロボットではありません。友情や主人への献身など、豊かな感情を持っています。時には礼儀正しい口調で皮肉を言ったり、傲慢な態度を見せることさえ!それでもK9は勇敢で役に立つコンパニオンでした。犬が人間の最良の友だとしたら、彼はドクターの最良の友だったのです。

K9は1977年10月の『見えない敵』から、81年1月の『戦士の門』までコンパニオンを務めました。その後、彼は『5人のドクター(83年11月』と『時間の次元(93年11月』で再登場しています。さらに新シリーズの『同窓会』と『旅の終わり』にも登場しました。なお、K9の声は俳優のジョン・リーソンが担当しました。


94.フェンダールのイメージ

脚本:クリス・バウチャー
監督:ジョージ・スペントン・フォスター
第一話:1977年10月29日
第二話:1977年11月05日
第三話:1977年11月12日
第四話:1977年11月19日

古代の邪悪な生き物が復活


現代のイギリスで考古学者が1200万年前の人間の頭蓋骨を見つけた。この頭蓋骨はフェンデルマン教授のタイム・スキャナー実験で使われていた。ターディスがこのスキャナーに反応し、ドクターとリーラは教授の実験室の近くに到着した。このスキャナーを起動することによって奇妙な力が呼び出され、近くの森にいたハイカーと、実験室の守衛が謎の死を遂げた。

この頭蓋骨はフェンダールのものだった。フェンダールは人間の生命エネルギーを吸収することによって栄える古代の邪悪な生物で、タイムロードたちによって破壊されたはずだった。だが、フェンダールは生き延び、復活の日を待ちながら、少しずつ地球に影響を与えていたのだ。フェンデルマン教授のタイム・スキャナーはフェンダールの力を強化する働きがあった。このスキャナーを管理する教授の名前がフェンデルマンであることは偶然ではなかった。すべてフェンダールの周到な計画だったのだ。今や力を蓄えたフェンダールは科学者の女性にとりつき、人間をフェンダリーンという名のおぞましい蛇のような姿に変えて、手下を作り始めた。今や人類の存亡はドクターにかかっている!


この物語は驚くほどダークで怖いです。フェンダールが巨大なムカデのようなおぞましい姿で、人間がそんな姿に変えられる場面はショッキング!上記の「シーズン15の概要」でも述べたように、今シーズンからホラーの要素が除かれたはずなのですが、こっちのほうがよっぽど怖いわい!


英語版のDVDが発売されています。→イギリスのアマゾンで購入


95.サン・メイカーズ

脚本:ロバート・ホームズ
監督:ペナント・ロバーツ
第一話:1977年11月26日
第二話:1977年12月03日
第三話:1977年12月10日
第四話:1977年12月17日

冥王星の抑圧的なコングロマリットを倒せ


遠い未来、ターディスは冥王星の都市、メグロポリス・ワンにやってくる。驚いたことに、太陽系で最も寒い惑星である冥王星は6つの人工太陽によって暖められ、大気には酸素があった。このころ、地球が居住不可能になったので、人類は火星や冥王星に新天地を求めて移住したのだ。

ところが、この星は無慈悲な銀河系宇宙のコングロマリット、「カンパニー」によって支配されており、日光へのアクセスは一部の特権階級にしか許されていなかった。大半の市民は過重労働と重税に喘いでいた。カンパニーは建物の中に神経を鎮める作用のあるガスを常時流すことによって、市民を奴隷化し、反乱を防いでいたのだ。一方、地下では少数の反抗者たちが、謎に満ちたカンパニーを倒すべく計画を練っていた。リーラに死刑判決が下されるに及んで、ドクターは反抗者たちに協力し、抑圧的な複合企業体を倒すことを決意する。


96.アンダーワールド

脚本:ボブ・ベイカー、デイヴ・マーティン
監督:ノーマン・スチュワート
第一話:1978年01月07日
第二話:1978年01月14日
第三話:1978年01月21日
第四話:1978年01月28日

失われた人種バンクを求めて地下世界へ


ターディスはミンヤン族の宇宙船R1Cの中に出現する。ミンヤン族は内戦によって絶滅の危機に瀕していた。彼らが生き延びる唯一の手段は自分たちの人種バンクを見つけることだった。この人種バンクはP7Eという名の宇宙船に乗せられ、何世紀も前に故郷の惑星から旅立ったのだ。R1Cの宇宙飛行士たちはこの人種バンクを見つけるため、宇宙を旅していたのだ。

R1Cは流星嵐に襲われるが、ドクターは宇宙船を脱出させることに成功する。ところが、その弾みで、新しくできた惑星に突っ込んでしまう。ミンヤン族が捜し求めている宇宙船P7Eは、この惑星の中心部にあった。新惑星の地下はトンネルや通路が迷路のように錯綜していた。ドクターは最終的に惑星の中心部に到達するが、そこではP7Eのコンピューター、オラクルが支配していた。オラクルの使命はもともとミンヤン族の人種バンクを守ることにあったのだが、発狂し、ミンヤン族の子孫たちを支配していたのだ。ドクターはオラクルを倒し、人種バンクを取り戻すことができるか?


97.時間の侵略

脚本:デイヴィッド・アグニュー
監督:ジェラルド・ブレイク
第一話:1978年02月04日
第二話:1978年02月11日
第三話:1978年02月18日
第四話:1978年02月25日
第五話:1978年03月04日
第六話:1978年03月11日

ドクターは裏切り者?


ドクターが怪しい行動を見せていた。彼は「ヴァーダンズ」という名のエイリアンと秘密の会合を持ったのだ。このエイリアンは念力によって空間を移動する能力を持っていた。故郷のギャリフレイ星に戻ったドクターは、高等議会の会長になることを要求した。誰も彼の主張に逆らえなかったので、ドクターは会長の地位におさまり、リーラを荒地に追放した。そこでは追放されたタイムロードたちが共同体を作り、生活していた。リーラはドクターが裏切り者になったと信じる。しかし、ドクターの目論見は別のところにあった。ギャリフレイ星の制服をたくらむヴァーダンズを倒すために、わざと裏切り者の役を演じていたのだ……。


英語版のDVDが発売されています。→イギリスのアマゾンで購入

■さようなら、リーラ

リーラはギャリフレイ星で守衛を務めるアンドレッドという名の男性と恋に落ち、この星にとどまることになりました。K9も彼女のコンパニオンとして残ることになりました。そこで、ひとりになったドクターは二代目のK9……K9マーク2を起動します。


シーズン:  |  |  |  |  |  |  |  |  | 10 | 11 | 12 | 13 | 14 | 16 | 17 | 18 | 19