コンタクト 科学ゾーン 読書ゾーン 実話ゾーン ホームページ
時間旅行TV&映画ゾーン→(旧)ドクター・フー シーズン16

■シーズン16の概要

このシーズンで、プロデューサーのグラハム・ウィリアムズは新しい試みをおこないました。シーズン全体に流れるテーマを作り、ひとつひとつの物語をそのテーマでまとめようとしたのです。こうして6話から成る「時間への鍵」が誕生しました。


98.リーボス・オペレーション

脚本:ロバート・ホームズ
監督:ジョージ・スペンサー・フォスター
第一話:1978年09月02日
第二話:1978年09月09日
第三話:1978年09月16日
第四話:1978年09月23日

「時間への鍵」を見つけろ!


ドクターはホワイト・ガーディアンに呼び出される。秩序と光の権化であるホワイト・ガーディアンは「時間への鍵」を見つけるようドクターに頼む。この鍵は6つの部分に分かれ、時空間に散りばめられているという。この鍵を寄せ集めることによって、ホワイト・ガーディアンは宇宙に秩序を取り戻せるのみならず、悪の権化、ブラック・ガーディアンを倒すことができるというのだ。

この目的を達成するために、ホワイト・ガーディアンはドクターに新しいアシスタントを提供する。彼女の名前はロマーナ。ロマーナはタイムロード学院から卒業したばかりの、140歳の若きタイム・レディであった。

鍵を探すためのトレーサーを使って、ターディスは最初の鍵を見つけた。それは封建時代の惑星、リーボスにあった。おりしも、この星では宇宙の詐欺師、ギャロンが一計を案じていた。彼は自分のものでもない惑星を貪欲な貴族、グリフに売りつけようとしていたのだ。この計略がグリフによって見破られたので、ギャロンの相棒は、怪物が潜む地下墓地に逃走する。「時間への鍵」の最初の切片はこの相棒の持ち物のなかにあった……。


シーズン16の物語をすべて収録した英語版のDVDがボックスセットとして発売中!→Doctor Who: Key to Time (7pc) (Ws Coll Rmst Sub) [DVD] [Import]


◆新コンパニオン紹介

●ロマーナ
タイムレディ、ロマーナの本名は「ロマーナドゥヴォラトゥレランダー(!)」。彼女はタイムロード学院を首席で卒業した優等生で、科学やテクノロジーの知識に通じており、自信満々の女性です。当初、彼女はドクターを見下げます。なぜなら、ドクターは故郷、ギャリフレイ星の掟に背いた反逆者だし、彼女よりも学力が劣るからです。でも、一緒に旅を続けるうちに、ドクターが経験豊かで優れた知性を持つ実力者であることがわかり、彼に一目を置くようになります。こうして、ふたりのあいだでお互いに友情と敬意が育っていきます。

ロマーナを演じたのはメアリー・タム。彼女は『リーボス・オペレーション(1978)』から『ハルマゲドン・ファクター(1979)』までコンパニオンを演じました。


99.略奪の惑星

脚本:ダグラス・アダムズ
監督:ペナント・ロバーツ
第一話:1978年09月30日
第二話:1978年10月07日
第三話:1978年10月14日
第四話:1978年10月21日

略奪の星の支配者を倒せ!


ドクターとロマーナとK9は「時間への鍵」の二番目の切片を求めて惑星キャルフラクスに向かう。ところが、不可解なことに、ターディスはザナク星に到着した。この星で、人々は「キャプテン」の圧制にあえいでいた。

ザナクは略奪の惑星だった。この星はなかが空洞で、別の惑星の周りに出現し、その星の鉱物資源を搾取したあと、次なる犠牲者を求めて宇宙をさまよっていたのだ。

キャプテンが地球の征服をたくらんでいることを知ったドクターは、メンティアズ種族に協力を求め、キャプテンを倒すことを決意する。口数の少ないこの種族は強い念力を持っているので、人々から恐れられていた……。


これは『
銀河ヒッチハイカー』の作者、ダグラス・アダムスが脚本を担当した物語で、プロットは(いい意味で)複雑。テクノバブル(SFの専門用語)が極端に頻出するので、笑ってしまうほどです。特撮映像は当時としてはよくできており、衣装もいい線いってます。宇宙の盗賊であるキャプテンが海賊の親分よろしく、ロボットのオウムを肩にとまらせているのが気に入りました。


英語版シーズン16ボックスセット→Doctor Who: Key to Time


100.血の石

脚本:デイヴィッド・フィッシャー
監督:ダロル・ブレイク
第一話:1978年10月28日
第二話:1978年11月04日
第三話:1978年11月11日
第四話:1978年11月18日

巨石遺跡の謎


「時間の鍵」の三つ目の切片を求めて、ターディスは現代イギリスのストーン・サークル(巨石遺跡)の近くに到着した。ドクターとロマーナはそこでふたりの女性考古学者……アメリア・ラムフォードと、ヴィヴィアン・フェイと知り合いになる。ふたりの話によると、不可解なことに、この遺跡を調査するたびに石の数が変わっているという。

一方、ここにはドルイドという名の異教集団がいた。彼らはケイリーチという名の女神を崇拝していた。これは戦争と、死と、魔法をつかさどる女神である。彼らは血の献納を求める女神の要求に応じて、人を殺す儀式を進めていた。その犠牲者として彼らが目をつけたのはロマーナだった!

ドクターの調査の結果、ケイリーチは人々が信じているような女神ではないことが判明する……。


Doctor Who: Key to Time


101.タラのアンドロイド

脚本:デイヴィッド・フィッシャー
監督:マイケル・ヘイズ
第一話:1978年11月25日
第二話:1978年12月02日
第三話:1978年12月09日
第四話:1978年12月16日

腹黒いグレンデル伯爵のたくらみを阻止せよ!


ドクター、ロマーナとK9は惑星タラにやってきた。一見のどかなこの星で、ドクターは休暇をとることを宣言、ひとりで魚釣りに出かける。そのあいだに、ロマーナはひとりで「時間の鍵」の四つ目の切片をいとも簡単に見つけた。ところが、そこでロマーナは腹黒いグレンデル伯爵に誘拐されてしまう。

タラ星では、慈善の心に富んだレイナート王子が王位につくことになっていた。そして王子はタラ星の皇女、ストレラ姫と結婚することになっていた。ところが、グレンデル伯爵は王位と姫の両方をレイナート王子から奪い取る計画を進めていた。伯爵は、アンドロイド製作の名手、マダム・ラミアに命じて、レイナート王子とストレラ姫にそっくりのロボットを作り、本物と入れ替えようとしていたのだ。しかも、ロマーナはストレラ姫に生き写しだった。そこで伯爵は、ロマーナに姫のふりをさせて結婚式を挙げるという計略を思いついた。

結婚式の日時が刻一刻と迫るなか、ドクターはアンドロイドの修理工を装い、城に乗り込んでいく……。


タラ星は発展途上にある中世の社会ですが、なぜか科学技術だけは他の分野よりも格段に発達しており、アンドロイドを作ることができる、という設定がおもしろい。


Doctor Who: Key to Time


102.クロールのパワー

脚本:ロバート・ホームズ
監督:ノーマン・スチュワート
第一話:1978年12月23日
第二話:1978年12月30日
第三話:1979年01月06日
第四話:1979年01月13日

巨大なイカの怪獣が出現!


五つ目の時間の鍵の切片を求めて、ドクター、ロマーナとK9はデルタ・マグナ星の三番目の衛星、デルタ3にやってきた。この衛星はあたり一面が沼地だった。

そこでロマーナはスワンピー族に誘拐されてしまう。スワンピー族はデルタ3の原住民だったが、地球からやってきた入植者に強制退去させられたのだ。彼らはクロールという名の神を崇めていた。彼らはロマーナをクロールのいけにえにしようとしたのだ。

一方、ドクターはロマーナを求めて、沼地の真ん中に建つ巨大な精製工場に足を踏み入れる。ここで入植者たちは沼からタンパク質を抽出し、デルタ・マグナ星に住む入植者の食料源として提供していたのだ。この工場内でドクターはローム・ダットと間違えられる。ローム・ダットは不道徳な銃砲の密輸入者で、スワンピー族に武器を提供していたのだ。スワンピー族はこの武器を使って入植者たちをデルタ3から追い出す計画を練っていた。

ドクターは工場から逃げ出し、いけにえの供物台に縛られていたロマーナを救出する。ところがそこで事態は急転する。地響きと共に巨大な怪物が出現したのだ。この怪物こそ、スワンピー族が神と崇めるクロールだった。精製工場の振動が、沼の底で何世紀にもわたり眠り続けていた怪獣を起こしたのだ。クロールはひどく腹をすかせていた……。


上の写真のとおり、イカの怪獣のようなクロールはなかなかリアルで迫力があります。


Doctor Who: Key to Time


103.ハルマゲドン・ファクター

脚本:ボブ・ベイカー、デイブ・マーティン
監督:マイケル・ヘイズ
第一話:1979年01月20日
第二話:1979年01月27日
第三話:1979年02月03日
第四話:1979年02月10日
第五話:1979年02月17日
第六話:1979年02月24日

「時間への鍵」をシャドーの手に渡すな!


ドクター、ロマーナとK9は「時間への鍵」の6番目(最後)の切片を求めて惑星アトリオスに到着する。この星は隣の惑星、ゼオスと終わりのない戦争を続けていた。

アトリオス星のプリンセス、アストラのたゆまぬ努力によって、この星はどうにかひとつにまとまっていたのだが、彼女は何者かに誘拐されてしまう。ドクターは、アストラ姫を救出し、戦争を終わらせるために、ゼオン星に向かう。アストラ姫は何らかの形で「時間への鍵」の6番目の切片に結びついているようなのだ。ゼオン星に到着したドクターは、この星に住人がいないことを知る。実は、ゼオン星は「メンタリス」という名の巨大なコンピュータによって管理されていたのだ。

アトリオス星とゼオス星の間に三番目の惑星があった。この三番目の惑星はセンサーによって感知を免れていたのだ。ここは「シャドー」の隠れ家だった。シャドーこそがこの戦争を操っていたのだ。ブラック・ガーディアンに仕えるシャドーは「時間への鍵」を手に入れるべく、ドクターの到着を待っていた……。


Doctor Who: Key to Time

■さようなら、ロマーナ

ロマーナを演じていたメアリー・タムが辞意を表明したので、タイムレディのロマーナは次のシーズンから二代目ロマーナとして生まれ変わることになりました。


シーズン:  |  |  |  |  |  |  |  |  | 10 | 11 | 12 | 13 | 14 | 15 | 16 | 17 | 18 | 19