コンタクト 科学ゾーン 読書ゾーン 実話ゾーン ホームページ
時間旅行TV&映画ゾーン→(旧)ドクター・フー シーズン17

■シーズン17の概要

脚本家の主任、アンソニー・リードがシーズン16を限りに職を退いたので、彼の後任としてダグラス・アダムスが主任を務めることになりました。アダムスは経験が浅いもののクリエイティブな作家で、前シーズンに『略奪の惑星』の脚本を執筆した実績の持ち主です。アダムスはわずか1シーズンで脚本家主任の座を離れましたが、そのあとすぐに彼は『銀河ヒッチハイク・ガイド』で名声を得ることになります。


104.ダーレックの運命

脚本:テリー・ネイション
監督:ケン・グリーヴ
第1話:1979年09月01日
第2話:1979年09月08日
第3話:1979年09月15日
第4話:1979年09月22日

ダレック対モヴェラン戦争


ドクターと二代目ロマーナは荒涼とした惑星に到着する。ドクターは以前この星にやってきたという気がしてならない。ふたりは落盤事故によって離れ離れになり、ロマーナはドクターの仇敵、ダーレックによって囚われの身となってしまう。

一方、ドクターはヒューマナイドのモヴェラン族に会う。ドクターは彼らから、ここがスカロ星(ダーレックの故郷)であることを知らされる。モヴェラン族は非情なアンドロイドで、ダーレックと戦争をおこなっていたのだが、戦争は行き詰っていた。この状況を打破するため、ダーレックは自分たちの創造者であるダヴロスを探していた。ドクターはダレックを破壊するため、モヴェラン族に加担すべきだろうか?しかし、モヴェラン族がダーレックと同じくらい邪悪な種族だったらどうする……?


英語版のDVDが発売中→Doctor Who: Destiny of the Daleks


◆新コンパニオン紹介

●二代目ロマーナ
生まれ変わった二代目ロマーナは初代同様、知的な女性ですが、それ以外の性格は大いに異なります。初代ロマーナは気位が高かったですが、二代目は友好的で感じのよい女性です。実際、二代目ロマーナはドクターの女性版という感じで、丈の長いコートと極端に長いマフラーをまとうなど、服装の好みまで似通っています。ドクターがいないときは、彼に代わってロマーナが問題を解決したほどなのです。

ロマーナを演じたのはララ・ウォード。彼女は『ダレックの運命(1979年9月)』から『戦士の門(1981年1月』まで二代目ロマーナを演じました。そして彼女は『時間の次元(1993年11月』で復帰しています。なお、彼女はトム・ベイカーと結婚したあと離婚し、ケンブリッジ大学の著名な生物学者でベストセラー作家のリチャード・ドーキンス教授と結婚しました。


105.死の都

脚本:デイヴィッド・アグニュー
監督:マイケル・ヘイズ
第1話:1979年09月29日
第2話:1979年10月06日
第3話:1979年10月13日
第4話:1979年10月20日

パリの城に住む伯爵の正体は?


ドクターとロマーナは現代のパリで、アートギャラリーや、セーヌ河畔のカフェや、エッフェル塔などを訪れ、休暇を楽しんでいた。ところが、そこで時間が前後にジャンプし、おかしな状態になっていることに気づく。誰かが時間をいじくっているのだ。

一方、世界中の美術品競売商に希少価値のある宝物や失われた傑作が持ち込まれるようになった。これらの美術品を持ち込んだのは謎に満ちたスカーリオーニ伯爵だった。彼はパリにある自分の城の地下室で何をもくろんでいるのだろう?

ドクターとロマーナは私立探偵のダガンに会う。ダガンは伯爵の怪しい活動を調査していた。伯爵は美術品の窃盗犯なのか?それとも彼のたくらみは、人類の存亡に関わる、もっと大掛かりなものなのだろうか……?


これは評判の作品です。パリの街でロケしているので、雰囲気も最高!英語がおわかりにならない方のために、下にこの話の概要(ネタバレ注意)を書いておきます。英語がおわかりになる方はDVDで楽しんでください。

スカーリオーニ伯爵は実はスカロスという名のエイリアンです。彼は宇宙船に乗って生物が誕生する前の地球にやってきたのですが、そこで宇宙船が爆発、スカロスはいくつもの分身となって地球の歴史のそこかしこに散りばめられてしまいます。これらの分身が各時代の美術品を盗み、現代のスカロスに渡していたのです。現代のスカロスはこれらの美術品を売って富を蓄え、科学者を雇ってタイムマシンを開発します。彼はこのタイムマシンで原始時代に戻り、自分の宇宙船の爆発を防いで、故郷の星に帰ろうとしたのです。しかし、ドクターは彼のたくらみを防ごうとします。なぜなら、宇宙船の爆発が地球上で生物の誕生を起動したからです。


英語版のDVDが発売中→
Doctor Who: City of Death


106.穴の中の生き物

脚本:デイヴィッド・フィッシャー
監督:クリストファー・バリー
第1話:1979年10月27日
第2話:1979年11月03日
第3話:1979年11月10日
第4話:1979年11月17日

深い穴の中に潜む怪物とは?


ドクターロマーナとK9は惑星クロリスにやってくる。この星は植物が豊富なものの、金属の乏しい星だった。クロリスのリーダーである邪悪なレディー・アドラスタは部下に命じてドクターを深い穴の中に放り込む。この穴の中には巨大な緑色の怪物が潜んでいた。一方、ロマーナは盗賊に捕らえられる。盗賊たちはアドラスタの富を盗むことを計画していた。

穴の中に放り込まれたドクターは、怪物が実はエラートであることを知る。エラートはタイソナス星からやってきた大使だった。彼は自分の星でとれる農産物と、クロリス星でとれる金属を交換するため、この星にやってきた。しかし、アドラスタによって穴の中に追放されてしまったのだ。なぜアドラスタがそんなことをしたかというと、彼女がこの星の金属を一手におさめていたので、独占権を失いたくなかったのだ。タイソニア人たちは自分たちの使者がひどい扱いを受けたことに腹を立て、報復のためにクロリス星に向かっていた……。


英語版のDVDが発売中→Doctor Who: Creature From Pit - Episode 106 [DVD] [Import]


107.エデンの悪夢

脚本:ボブ・ベイカー
監督:アラン・ブロムリー、グラハム・ウィリアムズ
第1話:1979年12月22日
第2話:1979年12月29日
第3話:1980年01月05日
第4話:1980年01月12日

超空間で二隻の宇宙船が衝突


二隻の宇宙船が超空間で衝突し、結合してしまった。このままでは次元的に不安定なので乗務員たちの命が危ない。ドクターとロマーナとK9が助けを申し出る。事故を調査中、三人はトライストという名の、一風変わった科学者に出会う。トライストは様々な惑星で採取した生き物をミニチュア化し、CETという名の機械の中に入れて保存していた。だが、この機械が誤作動し、「モンドレル」という名の怪物が宇宙船内にさまよい出た。

その一方で、誰かが「ヴラクソイン」という名の非合法の麻薬を宇宙船内にこっそり持ち込んでいることが明らかになる。ドクターたちは一連の事故がつながっているとにらみ、調査を続けるが……。


108.ニーモンの角

脚本:アンソニー・リード
監督:ケニー・マクベイン
第1話:1978年12月23日
第2話:1978年12月30日
第3話:1979年01月06日
第4話:1979年01月13日

若者たちが怪獣ニーモンのいけにえに


ターディスは飛行中に惑星スコノスの宇宙船に衝突する。この宇宙船には惑星アネスから連れられてきた7人の若者たちが乗っていた。彼らはいけにえとして「ニーモン」に捧げられることになっていた。ニーモンは牛に似た恐ろしい怪物で、強大な科学力を有しているという。いけにえを受ける代償として、ニーモンはスコノス星にかつての栄光と繁栄をもたらすことを約束していたのだ。

ターディスが宇宙船に衝突したあと、ロマーナは捕らえられ、いけにえのひとりとして7人の若者たちに加えられた。そこでドクターとK9が助けにはせ参じる。巨大な迷路の中心部に潜むニーモンは銀河系を奴隷化するための恐ろしい計画を進めていた……。


巨大な迷路の中に潜む牛の怪物……これはギリシア神話のミノタウルス(牛頭人身の怪物)を思わせます。きっとギリシア神話からヒントを得ているのでしょう。このエピソードは多くのファンから駄作と評価されています。


英語版のDVDが発売中→Doctor Who: Horns of Nimon - Episode 108 [DVD] [Import]


109.シャダ

脚本:ダグラス・アダムズ
監督:ペナント・ロバーツ
第1話:未放映
第2話:未放映
第3話:未放映
第4話:未放映

人の思考を奪う球体


ドクターとロマーナとK9は引退したタイムロードの旧友を訪ねる。この旧友はクロノティスという名前で、今や彼はイギリスのケンブリッジ大学で教授として教鞭をとっている。三人はそこで邪悪な科学者、スカグラに出会う。スカグラはクロノティス教授が持っているギャリフレイ星の本を盗みにきたのだ。この本さえあれば、惑星シャダの場所がわかる。シャダは刑務所の惑星だった。この星にはサリアヴィンという名前のタイムロードが投獄されていた。サリアヴィンは強大な頭脳パワーを持っている。スカグラは人の思考を抽出する作用のある球体を使って人々の思考力を奪い、それらの思考をサリアヴィンに命じて自分の脳に刷り込もうとしていたのだ……。


このエピソードの収録中、BBCがストに入ったので、残念ながら未完成のまま終わってしまいました。


シーズン:  |  |  |  |  |  |  |  |  | 10 | 11 | 12 | 13 | 14 | 15 | 16 | 17 | 18 | 19