コンタクト 科学ゾーン 読書ゾーン 実話ゾーン ホームページ
時間旅行TV&映画ゾーン→(旧)ドクター・フー シーズン6

■シーズン6の概要

シーズン6では『ドクター・フー』の今後の展開を暗示する重要な動きが起こりました。まず、シリーズに新風を吹き込むため、ユニット(国連情報部機動部隊)が導入されることになりました。これは地球を脅かすエイリアンに対抗する目的で作られた軍隊組織のことです。

また、シリーズ6の最後の物語『ウォー・ゲームズ』で、それまで謎のままだったドクターの過去が明らかにされました。ドクターは故郷の星(当時はまだ名づけられていなかった)に帰ることを余儀なくされます。そこでタイムロードとしてのドクターの本質や、なぜ彼が故郷を捨てて時空を旅するようになったかが明らかにされました。

そして、このシーズンをもって二代目ドクターの時代が終わります。


44.ドミネーターズ

脚本:ノーマン・アシュビー
監督:モリス・バリー

好戦的なドミネーターにドクターが立ち向かう

第1話:1968年08月10日
第2話:1968年08月17日
第3話:1968年08月24日
第4話:1968年08月31日
第5話:1968年09月07日

ドクター、ジェイミーとゾーイは平和な惑星・ダルキスに到着する。この星の住民は平和主義者で、戦争を拒否していた。ところがそこに好戦的な種族・ドミネーターが到着した。彼らはロボットのクォークを従えていた。ドミネーターはダルキス星の中心核で爆弾を爆発させ、惑星を放射能の玉にしようとしていた。その放射能を宇宙船の燃料として使うためである。ドクターたちは横暴なドミネーターを倒し、ダルキス星の人々を救うことができるか?

ダルキス星の住民は平和主義者というより「ふぬけ」という感じで、征服者によっていとも簡単に奴隷化されてしまいます。これは当時流行っていたヒッピー族を批判する目的があったそうです。しかも、衣装が……すごい(下の画像参照)。

ロボットのクォーク(上の写真参照)については、ダレックと同じような人気者になることを期待して作られたものの、人気が出ないまま終わってしまいました。このロボット、なりが小さく、子供のようなかわいい声でありながら、情け容赦なく手から射撃します。そのあたりのイメージのギャップがウリだったようです。1964年にクォーク(素粒子の構成要素となっている粒子)の学説が立てられ、話題になったことから、この名前がつけられたそうです。

Doctor Who: Dominators - Episode 44 [DVD] [Import]


45.マインド・ロバー


46.インベージョン

ターディスは20世紀末期のロンドンに到着する。このころ、大企業の経営者であるトバイアス・ヴォーン(ケヴィン・ストーニー)がひそかに邪悪な計画を進めていた。世界をサイバーマンに明け渡し、共同で世界を支配しようとしていたのだ。ドクター、ジェイミーとゾーイは、国連情報部機動部隊(略称ユニット)のレスブリッジ・スチュワート准将と協力して、この企みを阻止することを決意する。だがサイバーマンはすでに地球に到着していた!

本シーズンの目玉ともいうべきアクション大作です。ジェイミーがヘリコプターから垂れ下げられた縄梯子に乗って、追っ手から逃れるといった本格的なアクションシーンもあります。この場面、スタントマンを使わず、ジェイミー役のフレイザー・ハインズ自身がこなしたというからスゴイ! なお、サイバーマンの物語はひとまずこれで終了しました。次に登場するのは1975年になります。

この作品は過失により第1話と4話が消去されてしまいましたが、「コスグローブ・ホール」というイギリスのアニメ会社が失われたエピソードをモノクロのフラッシュアニメーションで見事に再現、完全な作品としてDVDが発売されています。このアニメーションは見た人が一様に絶賛するほど、すばらしい出来です。

Doctor Who: The Invasion [DVD] [Import]



47.クロトンズ

精神エネルギーを吸い取るエイリアンを倒せ

第1話:1968年12月28日
第2話:1969年01月04日
第3話:1969年01月11日
第4話:1969年01月18日


48.死の種

脚本:ブライアン・ヘイルズ
監督:マイケル・ファーガソン

「氷の戦士」の地球冷却化計画を阻止せよ

第1話:1969年01月25日
第2話:1969年02月01日
第3話:1969年02月08日
第4話:1969年02月15日
第5話:1969年02月22日
第6話:1969年03月01日

ターディスは21世紀のイギリスに到着する。このころ、地球の交通機関はすべてTマットに統一されていた。Tマットとは人や物質をテレポートする装置である。この装置は月に建てられた基地で操作されていた。ところが、そこに火星からやってきた非情なエイリアン「氷の戦士」が現れ、基地を乗っ取ってしまう。氷の戦士は特別な種子を世界中にテレポートし、地球に氷河期をもたらして、地球を「新しい火星」にしようとしていたのだ。テレポート装置が使用不能になったので、ドクター、ジェイミーとゾーイは旧式の交通機関であるロケットに乗って月に向かう。三人は氷の戦士の野望を防ぐことができるか?

シーズン5の『氷の戦士』で初お目見えしたエイリアンが再び登場!二代目ドクターの物語は「エイリアンに乗っ取られた基地」に関するものが多いですが、これもその一つ。ただこちらは、ロケットに乗って月に行ったり、Tマットで世界中にテレポートしたりする、スケールの大きな物語です。

Doctor Who: Seeds of Death [DVD] [Import]


49.スペース・パイレーツ

脚本:ロバート・ホームズ
監督:マイケル・ハート

スケールの大きな宇宙活劇

第1話:1969年03月08日
第2話:1969年03月15日
第3話:1969年03月22日
第4話:1969年03月29日
第5話:1969年04月05日
第6話:1969年04月12日

ターディスは遠い未来のスペース・ビーコンの内部に到着する。このころ、ビーコンが盗まれる事件が頻発していた。これは残酷な宇宙の盗賊、キャヴェンの仕業だった。ビーコンはアルゴナイト(希少価値のあるミネラル)でできているため、絶好の金儲けの材料なのである。ターディスが置いてあるビーコンもキャヴェンによって盗まれてしまったので、ドクター、ジェイミーとゾーイは、粗野だが気のいい宇宙の採鉱者、マイロ・クランシーと組んで、盗まれたビーコンを取り戻すことにする。ところが四人は地球の官吏によって盗賊と勘違いされてしまう。四人は盗賊のみならず、政府からも追われる身に!

これは第47話『クロトンズ』で初登場した名高い脚本家、ロバート・ホームズが執筆した二番目の作品です。あいにく第二話を除いてすべてのエピソードが消去されてしまいました。でも、これが最後の「失われた(テープが消去されてしまった)物語」です。この後の物語はすべて保存されています。

全6話のうち、1話のみが下記のDVDに収録されています

Doctor Who: Lost in Time - Pactrick Troughton Year [DVD] [Import]


50.ウォー・ゲームズ


■さようなら、二代目ドクター、ジェイミー、ゾーイ!

反逆者の罪を暴くため、故郷の星にいるタイムロードたちにコンタクトすることを余儀なくされたドクターは、強制的に故郷の星に帰らされ、そこで裁判にかけられます。ドクターは広大な宇宙を見聞したい一心で、タイムロードの規則を破り、時空間を旅していたのです。その過程でドクターはダレックやサイバーマンなど、数々の悪者を退治しました。でも、タイムロードには「他の種族に干渉してはならない」という掟があります。この掟を破った罪として、ドクターは外見を変えられて20世紀の地球に「島流し」されることになりました。ターディスは使用不可能にされたので、もはや時空間を旅することはできません。そしてジェイミーとゾーイは自分たちの時代に戻されることになりました。

かくしてパトリック・トラウトンが演じるドクターの時代はドラマチックに終了しました。このシーズンをもってモノクロの時代が終わり、次のシーズンからはカラー放送になります。ドクター役は新しい俳優にバトンタッチされるのみならず、ドラマのスタイルも大幅に変えられることになります。新しい『ドクター・フー』の時代が始まります。


シーズン: 1 | 2 | 3 | 4(1) | 4(2) | 5 | 6 | 7 | 8 | 9 | 10 | 11 | 12 | 13 | 14 | 15 | 16 | 17 | 18 | 19 | 20 | 21 | 22



シーズン4
シーズン5
シーズン6