金属探知機で宝探しをしていたカナダ人男性が未来のコインを発見?

カナダ・マニトバ州の南部にある都市・ウィニペグに在住のローレンスさんは、2016年9月5日に、ウィニペグにある公園で金属探知機を使って宝探しをしていました。

その日、コイン収集家であるローレンスさんは何枚かの2ドルコインを見つけ、家に持ち帰りました。その夜、彼が持ち帰ったコインを調べていたところ、奇妙なコインがあることに気づきました。そこには2017年という製造年が記されていたのです! そのコインは存在しないはずです。少なくともそれが公園の地面に転がっているのはおかしいことです!

ローレンスさんの胸の鼓動が高鳴りました。ほんの一瞬、「今年は2017年だっけ?」という考えが浮かんだのですが、いや、今はまだ2016年で、2017年まであと4か月残っている、ということを認識した次第です。

インターネット上でコイン店を運営しているある貨幣業者の話によると、そのコインはまだ製造されていないそうです。その貨幣の打ち型をテストするのは2017年になるとのことです。

選んだ色で本当の自分がわかるオーラソーマの無料カラー診断。
他にも気になる不思議グッズがいっぱい!! いますぐクリック!

コメントをどうぞ

お名前

メール(省略可)

あなたのサイト(省略可)

コメント

Powered by CGI RESCUE®

時間にまつわる不思議体験をしたことがありますか? お話を聞かせてください!