なぞの転校生』は、学研(学習研究社)の雑誌『中学二年コース』と『中学三年コース』に、1965年から66年にかけて連載された眉村卓のSFジュブナイル小説。この作品は、連載終了後、1967年に発刊され、1975年にはNHK少年ドラマシリーズ枠でテレビドラマ化されました。これが好評だったので、1998年には小中和哉監督、新山千春主演で映画化、2014年にはテレビ東京「ドラマ24」でリメイクされました。

なぞの転校生 (講談社文庫) | NHK少年ドラマシリーズ なぞの転校生 (新価格) [DVD] | なぞの転校生(1998年版) | なぞの転校生(2014年版)

とある中学校に転校してきた謎めいた男子生徒の秘密と、彼が巻き起こす事件を描いた眉村の代表作の一つです。

70年代のNHKドラマ『なぞの転校生』の中でマンデラ効果の残留を見つけた!

このページで取り上げるマンデラ効果は、天の川銀河における地球の位置に関するものです。地球は天の川銀河の中心近くにあるオリオン腕に位置しているのですが、多くの人がこれとは異なる記憶を持っています。彼らの記憶によると、地球は銀河の端っこにある射手座腕に位置していたというのです。かく言う私も「地球は銀河系の端っこに位置している」と聞いた覚えがあります。

ドラマの中で、なぞの転校生・山根典夫は太陽について説明するよう教師から求められ、次のように説明します。

「……そして、銀河系の辺縁部、つまり中心より3.5万光年の距離に位置していて……」

つまり、地球は銀河系の端っこに位置していると山根は説明しているのです。下の動画で該当の場面を視聴することができます。プレイボタンを押すと該当の場面からスタートするよう設定されています。

地球が射手座腕(銀河の端っこ)に位置していたことを示す資料はこれだけではありません。なんと、NASA(アメリカ航空宇宙局)の資料に記録が残っています! 右の情報は NASA のアーカイブに記録されていたもので、左の情報は最新のものです。

このほかにも、アメリカの有名な科学者、故カール・セーガン博士と、ニール・デグラス・タイソン博士が「地球は射手座腕に位置している」と明言する動画も残っています。二人とも『コスモス』という宇宙の成り立ちを説くテレビの特別番組で進行役を務めた宇宙物理学の権威です。

COSMOS 上 (朝日選書) | COSMOS 下 (朝日選書) | COSMOS コスモス いくつもの世界 | コスモス:時空と宇宙

なぜマンデラ効果という現象が起きているのかについては、いくつかの説がありますが、その中の一つは、私たちが知らず知らずのうちに一つの時間軸から別の時間軸に移動したということです(もしくは二つの時間軸が融合して一つになった)。『なぞの転校生』は次元間を行き来する「次元ジプシー」がテーマになっているので、このドラマの中にマンデラ効果の残留が見つかったことは当を得たことだと言えるでしょう。

とっても不思議なカラー診断(無料)と
気になる不思議グッズがいっぱい!! いますぐクリック!

コメントをどうぞ

お名前

メール(省略可)

あなたのサイト(省略可)

コメント

Powered by CGI RESCUE®

時間にまつわる不思議体験をしたことがありますか? お話を聞かせてください!