これはアメリカの女性、シャロンさんの体験談です。

自宅の外で遊んでいた少女のすぐ近くにサーベルタイガーが出現!

7歳か8歳くらいの時に、タイムスリップのような体験をしました。自宅の前で一人で遊んでいたら、誰かがシーツを引き裂くような、ビリッという大きな音が後ろの方から聞こえました。

何だろうと振り返ったら、巨大なサーベルタイガー(剣歯虎)が何もないところから歩道に出てきたのが見えました。もしここで動いたら、私の存在に気づいて食べられてしまうのではないかと思い、怯えていました。しかし、虎は私にまったく気づいていないようで、素早く通りを横切り、通りの向こう側にある高い茂みの中に突入。下草を掻き分けて進む中、藪が激しく揺れ動いたのを覚えています。

虎が踵(きびす)を返し、戻ってきて、私を捕食することはないだろう。そう悟った次の瞬間、自宅に向かって疾走しました。私は恐怖のあまり震えていました。虎が動くたびに皮膚の下で波打つ筋肉が見えるほど近くにいたのです。

あれが何だったのか、何が起こったのか、なぜ引き裂くような音が聞こえたのか、いまだに答えは出ていません。多分、虎は次元間の境界を突き破って現れ、すぐに自分の世界に戻っていったのだと思います。その世界で、サーベルタイガーは今でも獲物を求めて歩き回っているのでしょう。餌食にならなくて本当によかったです。

これはタイムトラベルではないと思います。むしろ、別の次元に通じる扉がどういうわけか一時的に開き、たまたまそこに居合わせた者はその扉をくぐり抜けられるということなのでしょう。そんな現象が私にも起こったのだと思います。もし私が異次元に迷い込んでいたら、サーベルタイガーが存在する世界に閉じ込められていたのかもしれません。

とっても不思議なカラー診断(無料)と
気になる不思議グッズがいっぱい!! いますぐクリック!

コメントをどうぞ

お名前

メール(省略可)

あなたのサイト(省略可)

コメント

Powered by CGI RESCUE®

時間にまつわる不思議体験をしたことがありますか? お話を聞かせてください!