これはアメリカの女性、ロイスさんの体験談です。

少女が農場でウサギを発見。追いかけていったら……

私が子供のころ、祖父母は大きな農場を所有していました。私たち孫は、学校が休みに入る夏の間、みんなで農場を手伝っていました。そんな中、野ウサギが農作物を食い荒らして困っていたので、祖父から「ウサギを見かけたときはいつでも、鍬で捕まえるか、散弾銃で撃て」と言われていました。

さて、私が12歳くらいのとき、いつものとおり農場を手伝っていたら、豆畑の中に小さなウサギがいるのを発見。祖父に見られたくなかったので追い払おうとしました。やがてウサギは藪の中に。普通だったら、ウサギが藪の中に入ったとたん見失ってしまうのに、この日だけはどういうわけか見失うことなく、追い続けました。

そうこうしているうちに古い納屋の廃墟に行き当たりました。この手の納屋はこの辺にはざらにあります。中を見て回るのが楽しいので入ってみました。奇妙なことに、素晴らしい形をした年代物の農具や新鮮な干し草がきれいに手入れされていました。ひょっとして隣人の敷地に入ってしまったのではないかと心配になり、そそくさと立ち去りました。

帰宅後、このことについて祖父に尋ねると、「そんな納屋はあり得ない」と断言。祖父母が所有していた土地は広大だったので、ちょっと歩いたくらいで他人の土地に入ることはないというのです。念のため祖父と一緒にその場所に行ってみたのですが、納屋はありませんでした。

その後、毎年夏に農場に行くたびに辺りを調べてみたのですが、あの納屋が見つかることは二度とありませんでした。これは不気味な話ではありません。でも、「あの奇妙な納屋はどこに行ってしまったのか」という疑問がいつも私の心のどこかで常にくすぶっています。

とっても不思議なカラー診断(無料)と
気になる不思議グッズがいっぱい!! いますぐクリック!

コメントをどうぞ

お名前

メール(省略可)

あなたのサイト(省略可)

コメント

Powered by CGI RESCUE®

時間にまつわる不思議体験をしたことがありますか? お話を聞かせてください!